お話しするにはログインしてください。

|

Tips:「話題」は標題ではなく品目、見出しではなく見出し語である。
@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップ1.5倍 紅の明太キムチラーメン


ふりかけは明太子。もったいないのであまりつゆに溶け込ませずに食べてしまいたい。麺は細くてつるつるの博多風。玄界灘を股にかけた味わい。



熱量481kcal、蛋白質13.3g、脂質20.2g、炭水化物61.6g、食塩相当量6.8g

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップ1.5倍 金の牛だしキムチうどん


金の、という名に違わず確かに黄金色のつゆ。味はコムタンにキムチを入れて少し辛みを付けた感じかな。ラーメンではなく、敢えてのうどんが正解。ビーフ調味料の懐に太い麺が深く飛び込む。



熱量465kcal、蛋白質8.6g、脂質18.6g、炭水化物65.8g、食塩相当量6.6g

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

コショウききすぎ とろみ塩タンメン

「スパイスはお好みの強さになるよう少しずつ入れてください」はい全部入れます。

体の中からホッカホカになる。汁にとろみもあるからカレー直前という感じも。冬は寒いからこういうカップ麺が旨い。



[全文を見る]

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

EDGE×わかめラーメン ごまごまごま・しょうゆ ごま4倍


小袋はかやく、液体スープ、ふりかけの三つ。かやくを開けると、確かにゴマ多め‥‥かな? 熱湯を注いで3分待ち、液体スープを加え、そしてふりかけの口を切ると‥‥、なんとその正体は”追いゴマ”だった。カレーにトマトを入れる時、半分は煮込んで味を出し、もう半分は最後に入れて食感を残すような手法。定番そのままの味にゴマ大盛りの魅力。ただし汁に沈むので全ては食べられない。”ごま焼きそば”の登場に期待が集まる?



熱量389kcal、蛋白質10.1g、脂質19.3g、炭水化物45.6g、食塩相当量5.7g

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

EDGE×わかめラーメン コムタン味 わかめ3.5倍


見た目、わかめが多くてコムタンなのか何なのかよく分からない。本物のコムタンを食べたことはないのだが‥農心の「コムタンラーメン」はこんなにしょっぱくなかったような。塩気の強さが味わいを損ねている‥‥残念!



熱量340kcal、蛋白質8.3g、脂質14.8g、炭水化物46.1g、食塩相当量7.9g。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップ大盛り いか天ふりかけ焼そば


カップ焼きそば市場の王者ではないが故に類例なき挑戦を続けるエースコック。今回送り込まれた新たなる刺客は「いか天ふりかけ」。具はふりかけに含まれるイカ天と揚げ玉のみ。麺はすごく太くはないものの、太さの印象が口に刻まれる仕上がり。申し訳程度のキャベツでもあれば、さらに賞味感が向上するか。ソースは「いか焼そば」と共通らしく、濃い旨みが特徴的。なお包装の表記にある「付き」は、公式サイトによると正式な商品名には含まれない模様。



熱量683kcal、蛋白質11.8g、脂質27.7g、炭水化物96.6g、食塩相当量6.1g。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン(2021年2月発売品)


長年の定番商品だが、具のキムチが前期品比五割増しとなって新装発売された。豚キムチという看板が期待させるキムチ感を決して裏切らない仕上がりになっている。しかのみならず、スープの味も少し変わってより美味しくなったように感じた。栄養成分表示を見ると、脂質は前期品より1g多くなっている。食塩相当量は全体で0.2g増えているが、めん・かやく分で0.4g増え、スープ分では0.2g減っている。これが測定誤差でなければ、確かに味の組み立てに変化があったようだ。



熱量465kcal、蛋白質9.4g、脂質17.4g、炭水化物67.6g、食塩相当量7.4g。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップMAX とんこつラーメン


不朽の定番シリーズ。1988年に「スーパーとんこつラーメン」として発売。以後三十年を超える間に、麺やスープに変遷がありながら、一定した支持を保っている。一時期所謂「こってり」系のどろりとしたスープになったこともあったと記憶している。包装の表示にある「濃コク」は、エースコックのウェブサイトなどによると、正式な商品名には含まれないらしい。エースコックを語るには外せない一品。


@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

「CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン」他一品

固形のルウがちょっと楽しい。

とろみがあり家で作るカレーライスを彷彿させつつ、店っぽい雰囲気の味わいを加えた、美味しいカレーつゆです。

「CoCo壱番屋監修 スパイスカレーラーメン」も食べた。
[全文を見る]

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

「飲み干す一杯」との長い恋

あれはいつのことだったか、「飲み干す一杯」と出会ったのは。それは確か「背脂豚骨」というものだったと思う。ラーメンの汁は全部飲んではいけないもの、その通念をひっくり返す題名。脂を活かした味の良さに、ただ感動と言っては安っぽくなる、魅了されたとも言える。

しかし、それからどうしたことか、「飲み干す一杯」と逢う機会は少なかった。何年か経って、ようやくの再会。それは「背脂豚骨」ではなかった、それでも同じ「飲み干す一杯」と期待したが、積もる想いが勝ってしまい、かえって味の実感は今一つ。好きだからこそ嫌いになる…[全文を見る]

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップ1.5倍 伝説のすた丼屋監修 すたみな醤油ラーメン/すたみな味噌ラーメン

「伝説のすた丼屋」というのは多摩地方の名物的な店なのか‥‥おや、北海道にも二店舗だけあった。しかし「すた丼屋」の何たるかを知らない。ラーメン屋ではないようだ。それはおいといて。

「醤油」は戻し3分‥‥。

それと同じつもりで「味噌」を作ろうとすると‥‥、おっと危ない、こっちは戻し5分だ。味に合わせて麺も変えているのだ。

どちらも美味しゅうございましたが、敢えて優劣を付けるなら「味噌」の方が味の組み立ての中でニンニクこさが効いているように思う。ニンニク風…[全文を見る]

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップMAX「こく搾りラーメン こくだししょうゆ味」と「北海道コーン塩バター味ラーメン」

こく搾り…

原材料名によると「さいしこみしょうゆ」を使った濃ゆい醤油味。確かに旨いが食塩相当量 8.2g という凶悪な代物。旨い。

北海道…

バター風味(バターを使ったとは言ってない)の調味油が美味しい。脂質は 17.6g と、この大きさのカップ麺としては特に多くはない。ラーメンにバターを加えるなんて奇特ですね、カップ麺でしか見たことないですよ。

この両者はスーパーカップの期間限定商品で歴代首位と第二位のものの再現という。一番面白かったものではないと。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

CoCo壱番屋監修 カレーラーメン/カレー焼そば

カップ麺でこんなに旨いカレーが食べられていいのか?! こぶたxココイチ最強タッグが十周年。歴代売上一位と二位という2012年4月発売の商品が復刻。麺よりむしろ米が欲しくなる系です。カレーライス好きならシメの白飯を用意して食べよう。他社カレー系カップ麺が彼方に霞む。



[全文を見る]

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

「たらっと とろりたまご風」シリーズ

「きみまろペースト」を入れてよく混ぜると、生卵を溶かしたような感じになる。

カレー南蛮そば。

カレーつゆに卵風味の組み合わせがなかなか良い。

すき焼き味うどん。

こちらは当然のように合う。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば

スーパーカップで蕎麦ってたまに出して来るんだけど、ラーメンの改良が進んでいるのに比べると、麺がもう一つだな‥‥っていうのがありました。

今度のも、安売りになってるけど、やめとこうかな。

‥‥いやいや「ガッシリ食感厚切太そば」? 「熱湯5分」? これは旧態依然としたカップ蕎麦との訣別か?!



これはなかなかのもの。目を閉じれば瞼の裏に、湯気に霞んだ生蕎麦が浮かぶ、そのくらいの食感があります。よくあるカップ蕎麦を大きく引き離す出来栄えで、これからのカレー蕎麦などの展開にも期待が持てます。そんなに贅沢は言わないけど蕎麦らしいものが食べたい程度の蕎麦好きなら。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

ラーメンモッチッチ

非ジャンキー路線でカップ焼きそば界に一石を投じた「モッチッチ」にラーメン版が登場したのである。

こちらは「野菜タンメン」。

そして「ワンタン麺」。

油揚げ麺なのに茹で麺のような食感を再現した麺と、朝からでも食べられそうなやさしい味付けも「焼そばモッチッチ」譲り。ちょい足しも開発陣の想定内だろう。香辛料が控えめなので、「野菜タンメン」には紅生姜かおろしニンニク、「ワンタン麺」には胡椒かあるいは七味唐辛子も合うかもしれない。中華麺好きなら一食の価値あり。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

大吉 山わさび仕立てそうめん

山わさび入りだから北海道限定の変種なのかと思ったら、「大吉」自体が北海道限定になっていたのか。当初は全国販売だったものが北海道だけ残った類いですわね?

こちらは鰹だしが利いたあっさりまろやかなつゆに山わさびの香味がよく合う一品。山わさびの味ははっきり分かるが、刺戟はそんなに強くない程度。山わさび好きのみならず、山わさび初心者にもお勧めしたい。


@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

夏の辛口 スーパーカップ大盛り 汁なし担担麺 超やみつき四川風スパイス仕上げ


最近の辛系食商品は、ただ辛いのではなく、深みや広がりのある辛さが流行。辛好みも進化したと言えよう。担々麺風の汁なし型カップめんも各社から出ている。エースコックから登場した汁なし担々麺は、お得意のしっかりした麺に、綾なす香辛料が良い味付け。「四川風」の中身は原材料欄では「香辛料」となっていて分からないが、花椒や五香粉が入っているようだ。現在スーパーカップの標準焼きそばとなっている「太麺濃い旨」とやや被るが、季節商品なら良いか。四川風好きなら。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

エースコック「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」

このシリーズは毎回カレーの出来が素晴らしく‥‥特に評価する言葉もございません。同時に「まろやかクリーミーカレーラーメン」も出ていますが私はこの「刺激」の方が好み。激辛と言うほどでもなく程よく食べるのが遅くなるくらいの辛さ。オクラもいい味を出しています。

@kodakana_ship10
カップラーメン/エースコックのことを語る

エースコックの「スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパイシー焼そば」

戻し五分の麺はうどんを思わせる太さと弾力。複数種を調合したというソースと、百種類の素材が入ったふりかけは、さすがの奥行きある味を生み出す。消えていく「大盛りいか焼そば」に代わる長期の定番になれるかはまだこれからの改良次第か。ジャンキー好きなら。