id:discordance
残業のことを語る

ともすれば水曜日はノー残業デーであった。

広告欄

「残業」の書籍をもっと見る