id:kaalrabbi
おやすみのことを語る

午前中、ちょっと遠いセカンドハンドまで行って来た。目ぼしいものは見つからず。とにかく人が多く怖くなって退散。
家に帰って休んで、庭仕事開始。
仕事が多くて気が遠くなりそうだったが、終わらないと大変なので黙々と働く。雪が降ったり、凍ったりすると土も思うように触れないのでとにかく急ぐ。今年はまだ暖かい日が長く続いた方だ。
そんなこんなですっかり疲れた。肉体労働は健康的だと思う。ついつい座り込んでスマホを見るばかりはよくない。
明日も残りを片付けよう。

今日も一日ありがとう。

広告欄
  • おやすみ
    • ユトリア(CV:市ノ瀬加那)
    • 日本コロムビア(株)
    • ¥1320

「おやすみ」の書籍をもっと見る