書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。


記法一覧
Tips:行頭を - で始めると箇条書きに、+ で始めると序数付きの箇条書きになる。
言葉 について
@kodakana_ship10 より

聖王號兵為凶器,不得已而用之。
聖王は兵器を不吉の道具と呼び、止むを得ないのでなければ用いなかった。
《六韜》

言葉 について
id:taihe より

「楽しそうで何より」を普通に使いたい。
何故か自分の中で 揉めあいを皮肉る時に使う言葉 ってルールがある。破っていきたい。

言葉 について
id:taihe より

このサイト楽しい

言葉 について
id:taihe より
言葉 について
id:taihe より

言葉 について
id:l-o-v-e-c-a-t-s より

外国語
女性名詞と男性名詞と中性名詞があって、覚えないと会話ができない言葉があるらしい。
そもそも、物を女性・男性・中性に分けるという発想はどこから・・・

言葉 について
id:ken_wood より

小さい「ぁ」一つの差なのに、
「出かけようかな」だと確率85%以上だけど、
「出かけようかなぁ」だと確率30%以下な気がする。

言葉 について
id:seachikin より

働いてもらったお金と宝くじで当たったお金の違いみたいな。
重みは働いた対価だけど、幸福感は宝くじで当たった瞬間のがあるかなぁ。
ちょっと検証してみたいのでおごって下さい。

言葉 について
id:gustav5 より

「元気をもらう」という言葉が意味不明なのは、「元気をもらった人」がどう思ったか、というのがない点です。
「元気をもらって私も励まされたきがするぅ」なのか「元気をもらって私も負けてらんないと思ったぁ」みたいなものなのか、それはその「元気をもらった」という言葉を聞いたほうが処理をしなければならない点で、「元気をもらった」といった人のほうがたぶん元気のブラックホールです。
で、あいまいなまま、その言葉があふれると、空気を読めといって良いほうに強制させるから厄介です。「○○から元気をもらった」という勝手な善意を表明することでその言葉を受け…[全文を見る]

言葉 について
id:gustav5 より

いまいちニュアンスが判らないのがこの1年くらいで増えた「元気をもらう」ということば。元気ってやり取りするものなのだろうか。励まされたとか、負けてらんないと思った、とか、そういうニュアンスなんだろうか。

広告欄

「言葉」の書籍をもっと見る

言葉 について
id:kutabirehateko より

「小僧の神様」は寿司を奢ってくれる親切な人ですが、「小僧の仏様」というと小僧、死んでますね。

言葉 について
id:zushonos より

「おなら」の「お」はたぶん丁寧にするための「お」なんだけれども「なら」だけでは成立しない。

広告欄

「言葉」の書籍をもっと見る