クリップ by id:Kodakana

社会的ハイリスク抱える妊産婦 岡山県産婦人科医会が調査: 山陽新聞デジタル|さんデジ

 岡山県内の妊産婦のうち、精神面でのサポートなど特別な支援が必要な“社会的ハイリスク妊産婦”が少なくとも数十人に1人おり、未婚や家族の支援不足など多くの要因が絡み合っていることが県産婦人科医会の調査結果で分かった。中には子どもへの虐待が懸念されるケースもあり、調査を担当した中塚幹也岡山大大学院保健学研究科教授は、医療と行政が連携して支援することが重要だと訴えている。

広辞苑にLGBTが登場。しかし、内容がおかしい。 - wezzy|ウェジー

 10年ぶりに改訂された「広辞苑」の第7版が1月12日に発売された。この新しい「広辞苑」は、第6版の刊行後に定着した言葉として、約1万項目を新たに追加したもので、「ブラック企業」や「安全神話」のほかに「LGBT」が初めて登場したことが報じられている。

「女性蔑視」な広告で振り返る 2017年:失業中コピーライター(56歳)の告白 | DIGIDAY[日本版]

2017年は女性のエンパワーメントを力強く訴える記事の見出しが並んだ1年であった。しかし広告においては過去10年間、ジェンダーにまつわる偏見はまったく変わっていないようだ。一体なぜなのだろうか。

世界で広がる同性婚、G7で不許可は2か国だけ…年配が反対する日本が変わるか - 弁護士ドットコム

同性間での結婚を認める法改正が、世界各国に広がっている。2017年には新たにドイツ、マルタ、フィンランドが同性婚を認める法改正を行い、オーストラリアや台湾でも同性婚が認められることが決まった。G7の中で同性婚を制度として認めていないのはイタリアと日本だけだ。

近代的避妊法「ピル」はどうやって開発されたのか - まいじつ

近代的避妊法開発の歴史は、女性解放の歴史と一致する。つい最近まで女性は自らの意思で中絶することは許されていなかった。性と生殖は一体で、家族が承認の上でだけ許されることであり、女性が、家族が認めない異性と行う性行為および生殖は、近代国家への反逆にほかならなかったのである。
シェア いかにも!
書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。