お話しするにはログインしてください。

|

Tips:同じ「話題」で短い投稿を繰り返すのではなく、前の投稿を編集して追記していくこともできる。
@y2_naranja
テレビ/Vivy -Fluorite Eye’s Song-のことを語る

第6話。
番組公式ラジオではまだ5話の時点で、ネタバレできなくてMCとゲストの2人がアアアアアアアアアって感じに壊れてたのがすごくよくわかった。
ちょっとこれは、全く先が見えないぞ……。
正史が書き換えられたことで、4話の結末がもとで、こんな形に変化するなんて。
ニコ動で1~5話の振り返り一挙やってるから、プレミア会員はいまなら一気見できる。
もう「正史」を知っているマツモトの予測もかなりのずれが生じてきているし、次はどうなってしまうのか。伏線のはりかたがすごい。
「ただのファンが来てしまった」という明坂聡美さんが、ラジオの福山さんサイド(動画あり)でどんな話をするのかな。
そして次回はどうなるんだ……。

@y2_naranja
テレビ/Vivy -Fluorite Eye’s Song-のことを語る

第5話視聴。
AIが人類を滅ぼすのを止めるために来たマツモトと、Vivyがシンギュラリティポイントを回避していくことで、却ってAIの進化が加速して、今度は5年後にマツモトがやってきた。
本来なら20年後のはずの技術が既にできていて、やっぱりシンギュラリティポイントを回避することで、マツモトが来た未来の「正史」は大幅に書き換わっていて、もうマツモトにも想定外の事態が進みつつある。世界線が分岐し過ぎたのだ。
ただ、今はマツモトが最初に来てからせいぜい20年、あと80年をVivyは生き続ける。一体何が起こるのか、AIはどうなってしまうのか。先が全く見通せない…[全文を見る]

@y2_naranja
テレビ/Vivy -Fluorite Eye’s Song-のことを語る

第4話視聴。
3,4話が連続した話で、宇宙ホテルのお話。
スタッフは全員AI。オーナーは、船外活動中に事故死した人間のあとを引き継いだ、エステラ(CV日笠陽子)というAI。
15年経って、ヴィヴィがやや思い切りのよい特徴を持ち始めている。でもAIはAIなので、抑えた演技をするようにというディレクションがあったそうだ。
私の生きているうちには見られなさそうな、宇宙から見た星空がとても綺麗だった。

『キャロル&チューズデイ』でもそうだったけど、役者と歌手を別にキャスティングしてて、しかも今作はそれぞれ声が似てる人なので、すごく違和感なく聴けた。
日笠陽…[全文を見る]

@y2_naranja
テレビ/Vivy -Fluorite Eye’s Song-のことを語る

第3話。
ここまでを簡単に言うと、AIと人間の間に戦争が起こり、人間は圧倒的劣勢で虐殺されていく[未来]。
ある技術者が、AIが実用化し始めた百年前にAIを送り込み、当時のAI「ディーヴァ(VIVY)」を使って、百年の間のあちこちでAIと人間の諍いを招く「シンギュラリティポイント」と呼ばれる事件を逐次回避させて、未来の戦争と虐殺を止めようとする。
そのために未来からぶっ込まれたクソAI(外装はぬいぐるみ)のマツモトと、次第に表現が豊かになっていくVIVYが、罵り合いながらもシンギュラリティポイントを回避して歴史を変えていくのだけれど、どうもおかしい。
そ…[全文を見る]