お話しするにはログインしてください。
|
Tips:YouTube/ニコニコ動画/Sudomemo の動画ページの URL は動画として表示される。
@RockofBuddhism
仕事のことを語る

今日は15人くらいと電話してメールして久しぶりにキャパを超えた。処理し切れないまま帰る。

@RockofBuddhism
経済のことを語る

新自由主義的観点からではなく、オールドリベラルな観点からもBI論は碌でもないものにしか見えなくなってきた。
その理論的視座には共感する。しかし、実際にカネがばらまかれて貧困消費者が好きなように消費したところで、例えば国家として望ましい産業の成長などどうして行われるのだろうか。少なくとも、BIはよく運営された国家においてこそ実現されるべきものであって、やるべきことをやらない国家において実現したところで、歪で持続可能性に乏しい政策に終わるのではないだろうか。

@RockofBuddhism
音楽のことを語る

I don't need no doctor / Humble Pie

ブリリアント!スティーブ・マリオット!

@RockofBuddhism
音楽のことを語る

I don't need no doctor / John Mayer

うーむ、エクセレントですな。

@RockofBuddhism
音楽のことを語る

Silent One / Orchid

久しぶりに聞いたらパクリっぷりがひどい。これ、余りにもInto the voidでしょ。
いや、ファーストはとっても好きなんだけど、セカンドの曲はタガが外れて二番煎じになってしまっているというか。

@RockofBuddhism
日常のことを語る

年末に大いに酔っ払って、ほとんど記憶が無いのだが、朝起きたらツイッターで暴言を吐きまくっていて我ながら見るに耐えなかったので慌てて消した。これは良くないと正月中は自重していたが、しかし、一部の発言は消し切れていなく、しかもその一つが特定の人に対する酷い暴言だった。ご本人からはもちろん、少なくない人から正当な非難をいただいていた。結果として謝罪もせず長期間その暴言を放置してしまったし、当然、酔っ払っていたのはなんの言い訳にもならない。1週間ほども放置されていたがひとまず元の発言は消し、リプライで謝罪だけはさせていただいた。とにかく…[全文を見る]

@RockofBuddhism
日常のことを語る

戦争は起こるべくして起こるのかもしれない。人間の精神が耐え切れない理不尽に直面した時、必然として。

@RockofBuddhism
仕事のことを語る

ついった界隈で酷い記事だとの評価が多いクソ記事なんだけど、これ、部下が上司に対してやるのはとてもいいですよ。上司のクソみたいなプライドのために下が不幸になってるんだったら、そのクソみたいなプライドをへし折ってやるのが一番効率的なんですよ。世の中も良くなるし。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00031519-president-life

@RockofBuddhism
仕事のことを語る

とうとう会社に業務改善の嘆願書を出すことにした。夏に直電でやる気ないなら辞めろと怒鳴りつけてやった常務取締役の人でなし加減をあくまで事実の指摘で淡々と書き連ねてみた。
希望は、戦争!

@RockofBuddhism
文化のことを語る

古来からの儀式や祭りといったものについてはもう十分に非合理的だと思う程には個人化された東京の生活に慣れてしまっているが、歳をとるにつれて儀式に溢れていたであったかもしれないかつての人らの暮らしを夢想する。
ファストファッションだとか、腕組店主のラーメン屋によくある格言だとか、そうした市井の人らがしがみつく文化の浅さを半ば揶揄するような言論があるが、果たしてそうした人らが称揚する文化とは一体なんだというのか。かつてのピエール・ルジャンドルがイスラームからの反撃を警告したように、リベラリズムとグローバリズムでさんざ既存の共同体と文化…[全文を見る]

@RockofBuddhism
MMTのことを語る

日本におけるMMT受容は本場とは真逆で右派が牽引していることもあり、先日一悶着があった模様。
いろいろ調べたが、積極財政に至るのにMMTが唯一の理論ではないこと、クルーグマンやスティグリッツも財政投資の必要性について認め始めていたり、フリードマンの株主第一主義に対しても多様なステークホルダーがいるとの見方に変わってきていたりするようなので、MMTにしがみつく必要はないと、ひとまずの結論を得るに至った。
国内においてはとりわけリフレ派からのMMT転向組が胡散臭く(商売のネタ!)、また、仮に国債発行してもどこにどう投資するかこそが肝要であるはずだが、そうした議論が蔑ろにされている感がある。
経済音痴である私には感覚以上の判断がつかないので、とりあえず岩田規久男でも真面目に読んで過ごすこととする。

@RockofBuddhism
あいちトリエンナーレ助成金停止の件のことを語る

午後に会社サボって反対市民集会行ったんだけど、平日とは言えクラスタ間違ったって思ったくらいご老人の集まりで、平均年齢軽く70超えてるだろって感じだった。
幾人かの国会議員とゲストスピーカーの発言時は勢いもあって良かったのだけど、参加者の意見表明になると(ここでは詳細は伏せる)かなりナンセンスかつ危うい意見が連発し、思わず頭をもたげてしまった。ぼかして述べると、ネトウヨが述べてもおかしくない差別意識丸出しの理路で結論だけどんでん返し、表現の自由を守らねばと述べる。誰か止めるのかと思ったが、ヤレヤレという顔を浮かべる数人を見て、いつも…[全文を見る]

@RockofBuddhism
デモのことを語る

昨日は仕事帰りに文化庁前に行ってトリエンナーレ補助金不交付への抗議デモに参加した。こういうことは初めてで何も用意出来ずに行ったが、全国のデザイナーがtwitterにセブンイレブンで印刷できる抗議プラカード用データをアップしてくれていて、それを別の参加者が多めに印刷してくれていて1枚もらった。若い人が多くてオッサンの自分を実感。普通の人が多くて、特にデモ中もスマホいじりまくる人とかいるのは、まぁこんなもんみたいな印象。和やかかつそれでもやっぱり語る人らは怒ってるみたいな、なかなか不思議なカンジ。
私有地ではない歩道で通行の邪魔にならないよ…[全文を見る]

@RockofBuddhism
二酸化炭素のことを語る

やべぇ、調べてたら俺の知識なんてもうポンコツもポンコツなのが分かった。これは俺が恥ずかしいわ。
各発電方式に対するLCA評価とか、パリ協定達成のためのシミュレーション結果とか見ると、確かに日本は何やってんのかなとか考えを改めた。

@RockofBuddhism
二酸化炭素のことを語る

国連気候サミットに反応して、世界駆け巡る世界遺産写真家、東京でハンバーグや焼肉食っては記事にしている記者が、石炭火力削減努力しない日本を臆面も無く恥ずかしいと言ってのける様をtwitterで見かけ、頭がクラクラした。
言ってることは正しい。飛行機乗りまくろうが牛肉食いまくろうが、あなた達の生業も否定しない。しかし、そこにある種の責務も申し訳なさも伴わない言葉と態度には、反吐が出る。

ということで、国立環境研究所や電力中央研究所の刊行物など見つつ、お勉強。

@RockofBuddhism
政治のことを語る

twitterで政治・経済ばかりウォッチしていると考えが凝り固まる怖さを感じる。
ネトウヨどもの浅薄で非論理的な攻撃性、あるいは学者らの容易には突き崩せない緻密な理論とは裏腹に、政治・経済の何らかの施策を訴える人らには往々にしてその施策、つまり戦略しかない。武器を買い揃えて守るないし奪うのは、詰まるところ単に自分の居場所なだけである。
苦悩することと引き換えに、思考はおおきなものに絡め取られ、4次元が3次元に、3次元が2次元に、固着して不自由になっていく。いつしか魂は売り飛ばされて、自身こそが兵器と化していく。
美学者・哲学者でありながら政治家でもあるジャンニ・ヴァッティモのような軽やかさを夢想する。
私達はそんな亡霊が跋扈する醜い闘争の中から、苦しんでいるあの人を助けたい、居場所のないあの人に居場所を!、という祈りを掬い取らなければならないのだから。

@RockofBuddhism
のことを語る

最近子どもが寝ながら大声で泣くので、奥さんと一緒に困り果ててしまう。
それに当てられたのか今日は嫌な夢を見た。修士論文発表の1か月前に戻って先生にもう1年やらせてくださいと懇願する夢だった。
先日、部屋の片付けをしていたら修士論文をファイリングしたものが出てきたので迷わず捨てた。今も母校の学術データベースに残っていることが恥ずかしい酷いものであって、ただ、恩師の温情もあったそれだった。結局、恩師の期待に応えられず、博士も中退、大学から逃げるように去った。本当に何もなくなった数年だった。

@RockofBuddhism
通勤のことを語る

今日は午後からゆっくり通勤だなぁ。

@RockofBuddhism
上司のことを語る

クソ副本部長が作ったシステムのデータベースがアンチパターンの嵐ということが今週判明した。そこは信頼していた自分が恥ずかしいし、知らないなら誰かに聞けばいいのにそんなことすら出来ないあのアホはもっと恥ずかしい。
胃が痛い。

@RockofBuddhism
上司のことを語る

ビジョンも語らない
教育もしない
社内取り決めも守らない
そんな人間には資格がないのでどうぞ自身を省みてご退陣願いたいと常務には述べた。激昂したが事実なので仕方がない。今後事ある毎に指摘すると述べておいた。
やりたいことしかやらずに組織を蔑ろにする、クソコードでの実装の速さだけがウリの名ばかり開発副本部長にも同じことを言う必要があるが、こちらは基本的に人とのコミユニケーションができない人間なので、言ってもどうしようもないのかもしれない。ただし、周囲が迷惑を被っていることを誰も言えないので、誰かが言わなければならない。
胃が痛い。こんな会社よく持つなと思うのだが、なんだかんだとこれでも私も会社を愛しているのである。

広告欄

「上司」の書籍をもっと見る