お話しするにはログインしてください。
|
Tips:“ユーザ名/話題”という形式の「話題」は、その人専用の話題となり、他の人は書き込めない。
id:gustav5
言葉のことを語る

ちょっと前にチェーンのうどん屋へ寄ったときのことなんすけど、うどんを喰い終わった後に食器棚に返すじゃないっすか、器を。個人的に牛丼屋でも蕎麦屋でも「ごちそうさまー」って声かけることが多かったしその時も声をかけたんだけど、観察してると、誰も何もいわなくなっててちょっとびっくりした。十年前くらいは「ごちそうさまー」とか「ごちそうさん」ってみんな言ってた気がするのだけど、いまいち自信がないし、記憶違いか気のせいかも。
言葉が変わってゆく、というのとちょっと違うけど、なんとなく他人に配慮したり感謝する言葉がちょっとずつ世の中から減ってきてるのではないか、という気がしてならないです。気がするだけで例証はだせない。混雑したバスの中で「降ります」って声も気が付いたらみんな言わなくなったような。なんでこんなふうになっちゃったんだろ。

id:gustav5
渋谷のことを語る


銀座線新渋谷駅、M字状アーチのへこんだ部分の上に歩道を設けてそれを支えるためっていう理屈はわかるのだけど、どう見てもマジに肋骨にしかみえなかった

id:gustav5
花粉症のことを語る

なんとなく鼻がムズムズするのでもしかして花粉症が飛んでるのだろうか暖冬だし、なんてことを職場で昼に口にしたら、どこまでほんとかわからないけど、どうも飛んでるらしい。同僚の自動車のフロントガラスに付着してるそうで。お願い、まだこないでいいよ…

id:gustav5
日常のことを語る

長崎の大浦天主堂のそばに資料館があって、キリスト教禁教時代にはキリスト教を信仰していてもいちおう寺の檀家にはなっていて、葬儀も仏式であげておき、あとでこっそり枕もとでキリスト教式の(たぶん勤行次第とは言わないのだろうけど)葬儀次第をおこなっていた、というのを知った。それが印象的で、両親が眠る寺@神奈川で方丈さん(うちの宗派では坊さんをそういう)になにかのときにその話をしたら、方丈さんが神奈川だったか北陸だったかききそびれたけど若いころに葬儀で通夜をしたあと、夜起きたらこっそり地元の人が念仏を唱えながら通夜をしていたそうで。それを…[全文を見る]

id:gustav5
消しゴムのことを語る

昼のやすみに銀行へ行った。ATMにキャッシュカードを入れたら取り扱いできません、という表示。え?と思って行員さんのいるところへ行って相談したらおもむろに消しゴムをとりだしてわたしのキャッシュカードの表面と裏面に消しゴムでごしごしとやった。これでもう一度試してみてください、と渡されてやってみると、なんということでしょう、なんとかなった。
なんだろ、消しゴムすげえ、と思わずにはいられなかった。

id:gustav5
どっち派のことを語る

あなたは顔認証システムで
・変顔をしたことはない
・変顔をして認証されるか試したことがある
・真夜中は別の顔なので夜中は認証されず毎晩困ってる
追記:私は変顔で認証を試した派です。

id:gustav5
のことを語る


ジュウガツサクラ(12日)

id:gustav5
雑な生活のことを語る

読んでいた本に藤沢から小机へ向かう途中、横浜駅でビーカーに入ったプリンを買う描写がありました。もともと葉山や逗子あたりの店、とも書いてあって、古くからあって有名らしいのだけどそんな店あったかな、でも本筋に関係ないしプリン苦手だし、とそのまま読み進めてました。読み終わった後に検索するとマーロウというのがあってやはりプリンで有名で知る人ぞ知る店らしく、逗子や葉山、横浜、それによく知ってる茅ヶ崎にも店があることを知りました。目撃しててもおかしくないのだけど全然気が付かなかったのはプリンが苦手であるというほかに、可能性の一つとしてやはり雑な生活をしてる延長線上で雑な観察眼をもってしまったのかな、と。でも、プリンはふつう、おっさんが気が付かなくてもおかしくないよね?(異論は認める)

id:gustav5
名鉄のことを語る

鉄道ピクトリアルというマイナーな雑誌があって、今月は名鉄が特集です。現場をよく知る名鉄の中の人が記事を書いてて興味深かった。
戦後すぐから名鉄はずっと二扉の電車を増備してて(パノラマカーもその延長線上にあった)、しかしオイルショックの前後に二扉の電車では犬山線を筆頭に朝のラッシュが捌けなくなってきた。そこで東急から三扉の中古車を買って犬山線に投入したらなんとかなったので、じゃあってんで三扉の新車両をいったん増やした。のだけど、二扉じゃダメなのか?と余計なこという社長が居て二扉の車両も昭和の終わりに新車として投入された。その昭和の…[全文を見る]

id:gustav5
炒飯のことを語る

フライパンにごま油をしき熱し、卵を入れ、ごはん、ヨーカドーで買った天かす、めんみ、青のり、かつお節(順不同)を入れ、炒飯を作った。
ついむしゃむしゃ食べたくてやった。後悔はしていない

id:gustav5
めんみのことを語る

>> id:y2_naranjaさん
ご教示ありがとうございます。天かすさえヨーカドーで買ってくれば明日にでもできそうです。個人的にはご教示いただいた材料に卵か刻んだ海老か刻んだネギを加えて炒飯もやってみたいです。
いまのところ中毒性?がいちばん高いと思ったのはめんみで作ったけんちん汁です。先月いくらか忙しくて多めに作り置きしたのですが飽きませんし、それに根菜、特にダイコンとの相性がすごく良いような。品がないかもと思いとどまったのですが、白いご飯にぶっかけて食べたい誘惑にかられてます。
あと幸いなことにめんみの扱いのある「どさんこプラザ」という道産品の横流し密売所…じゃねえ、店が有楽町のほかに吉祥寺にもあったのを奇貨として既に切らさぬようめんみの備蓄をしてます。万一物流が滞ってもなんとかなる、はず。

id:gustav5
よその猫のことを語る

ひなたぼっこ中の猫にアイコンタクトをとりながら徐々に距離を縮めて、

カメラを向けて一枚撮らせてくれたけど

なんだおめーも写真撮るだけかよ、という顔をして案の定、そっぽを向かれた。ごめん。
(静岡市清水区内)

id:gustav5
さっき見ていたテレビからのことを語る

パリで外観を変えず19世紀の遺構に円筒形のコンクリをいれて入れ子構造の美術館に再構築するっていうプロジェクトをさらっとさっきみていた安藤忠雄さんの番組でやってた。やってやれないことはないけどでも正直唖然としてしまった。(安藤さんの作品たいていコンクリ打設の業者がちょっと苦労しそうなんだけど)古い建築に障害しないようにコンクリを打設しなければならいのがとてつもなく大変のはずで、安藤さんもスタッフも施主もそれを承知で大変だからこそなんとかしようと燃えるのだろうなあ、と思った。ちゃんとコンクリ打設業者をねぎらっててほっとした。安藤さん…[全文を見る]

id:gustav5
めんみのことを語る

(承前)
結局誘惑に負けてめんみをつかって雑煮を調製しました。めんみやばいっす

id:gustav5
NHKのことを語る

9時前にやっていた京都の番組で、火伏の神様の愛宕さんのことがでてて、祇園のひとたちが講を組んで講のなかでかわりばんこで愛宕へ行き、当番の人が愛宕でお札をもらって講の中の人に配るシステムを紹介していた。信仰にまつわる講が京都市内に生きてるのもびっくりしたし、いままで祇園祭のときの町会所とかいくつかの京町屋など古い建物を見学したりしてたのだけどあちこちに例外なく愛宕のお札があるのが不思議だったのだけど、理由がわかってすごく腑に落ちた。
片手間にみていたのだけど、録画しとけばよかったな…

id:gustav5
おはようのことを語る

恭喜恭喜新年快樂

id:gustav5
来年の目標のことを語る

あなたは冷血漢であるといわれるより良いのかもしれませんが、今夏、検診の結果、赤血球や白血球の数値に異常があるといわれてて、そのあとずっと内科に通っています。内科ではShake it up, baby…じゃねえ、瀉血(シャケツ)といって血を抜かれてます。ほかには処方された薬を服用し、ほうれん草のお浸しやレバーを避けつつ、脱水症状にならぬように水を飲めといわれてて水筒を持参するようになってる以外は特段いままでと変わらない生活しています。とはいうものの、ときたま眩暈や食欲不振などはあったりして、特に食欲不振はいままで喰えるものが喰えなくなるということ…[全文を見る]

id:gustav5
めんみのことを語る

ヤツガシラを使って正月用の雑煮を作るのだけど、ヤツガシラを明日か明後日のうちに探す予定。
禁断のめんみの味を知ってしまったのでそのヤツガシラのある雑煮をめんみで味を調整したい誘惑にいま駆られている。

id:gustav5
雑な生活のことを語る

注連縄に垂れ下がる紙のびらびらのことをわたしはずっとシデと呼んでいた。いま住んでいる街の、駅前の仮設の正月飾りを売る屋台で注連縄を買うとそこでは紙のびらびらのことをなぜか「タレ」という。タレどうしますか?と訊かれて毎回タレ?となる。実物をみて、シデはいいです(氏子になってるところから貰ってるので)、ってなるんだけど、今年もそうだった(シデを見せられてから去年も同じやり取りとしたことを思い出した)。365日前のことは覚えてないもんだなあ、と。雑な生活というか、たんに鳥頭なのかもしれないが。

id:gustav5
クリスマスツリーのことを語る


(新江ノ島水族館)

広告欄

「雑な生活」の書籍をもっと見る