お話しするにはログインしてください。
|
Tips:「話題」が本文の内容と適切に関連していれば、広告も関連性の高いものが表示されやすい。
id:lieutar
正しく怖がるのことを語る

どうにも「危機感を持ちましょう」とか「他人事ではなく自分事として」みたいな呼び掛けって、いたずらに不安を煽るばかりなんじゃないかって思えてあんまり感心できなかったりしている。
結局のところより重要なのは「正しく怖がりましょう」って事なんだけど、この言葉が一体どういうものか、場合によってはピンと来ないものでもあってあまり使われにくいのかなとも思ったりして。その場合とは「怖がる」と言う言葉が不安感を抱えているとか、冷静さを欠いてまともな思考が出来なくなってしまっている状態にあまりに強く結びついてしまっている場合に、「正しく怖がる」と…[全文を見る]

id:lieutar
雑学系のことを語る

どうにも抵抗感があるものに「雑学をお伝えする」みたく、本当雑多にいろんなことを並べているサイトとか動画配信サイトのチャンネルとかね。
場繋ぎにストックフォトとかストックビデオがふんだんに用いられてるような感じの奴ね。
「とくに関心を持っていたわけでもないものごとの背後に実はこんなに興味深い世界が拡がってるんだ!」と感じさせられることが「雑学」の面白いところなんだけど、それはあくまで仲間内のグルーミング的なコミュニケーションの上においてと言う感じがする。多分そういった「雑学」そのものの重要性以上に、それを語る人がどういったタイミン…[全文を見る]

id:lieutar
無理筋養護する人々のことを語る

「2枚でもないよりはあった方がいいだろ」「さすがの決断力と実行力!専門家に聞いている時間なんてない!」とかみたく無理筋養護に走る人々が病に倒れた時に、絶対に医者に見せようとしない祈祷師とかを寄越したくなるな。アミバでもいいけどさ。

id:lieutar
Youtubeのことを語る

志村けん氏逝去後に彼の出演作の違法アップロード動画がやたらとサジェストされる。
で、以前からアップされてた、中々見ることの出来ないような何十年も前のビデオ映像とかについて、この機会に視聴回数が増えて結果サジェストされるのはまぁしゃあないかって思えるんだけど、イラっとくるのが「これまで笑いを有難う!」とか付けながら昨日今日にアップする奴らとか、挙句の果てに「志村けん」の名を使ってチャンネルを立ち上げる奴とか。追悼する気なんてカケラもないだろ。

id:lieutar
エイプリルフールのことを語る

日本国政府からみんなにプレゼント☆
ひとつのマスクを夫婦で、兄弟で仲良く共有してね☆

もしかして、…四月一日はバカになって良い日ってのじゃなくて、毎年この日を越すごとに段階的にバカになってるんじゃないか。年度変わりだしな。絶対的権力は絶対的になんとやらて奴な。

id:lieutar
空目のことを語る

「ロックダウン」を「ワロタ」に空目。
ロの近くにタがあり、クをワに空目して感性したらしい。

id:lieutar
自分(id:lieutar)のことを語る

なんつかこのCOVID-19禍状況に苛つくのって、COVID-19以外の以前からある危機には全く関心を示さないばかりか否認し続けている人々が、これに限って差し迫ったものとしてむしろ過剰とも言える振舞いに出ているように感じることなんだよな。
とりあえず直近ではグレタさんを侮辱していた奴らがどうかとかな。まぁ、「新型のウィルスによる感染症」は気候変動や原子力の問題、海洋汚染や格差問題などと違って危機の存在自体の否認はしにくいせいかもしれないし、そこに明かな過剰性が見てとれるのなら、否認を逃げ口としていたがついに逃げられなくなったからってことなわけで、では何がそんなにも多くの人々の心が弱らせてしまったのかってことを考えるべきなのかもしれない。

id:lieutar
DuckDuckGoのことを語る

DuckDuckGoで「堀江罪子」ってマンガのキャラクターを検索したら、二番目の候補として声優で歌手の堀江美都子さんではなく、Wikipedia の「ライブドア事件」が出てくる。

id:lieutar
COVID-19のことを語る

http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html
日本赤十字社やるやん。イラストもかわいいし。このご時世、久し振りにマトモなものを見た気分に救われる。
でさ、ここで指摘されてる差別感情と不安の関係、これ何も感染症などの状況下での特殊なことではなく一般化できるもんだと思う。
差別感情の背景には不安があるのだから、まず不安の方を正しく見詰めるようにしないと。

id:lieutar
自分(id:lieutar)のことを語る

リアルバカ殿達の元、野放図に拡がる病魔にバカ殿コントの第一人者が殺された。
もちろん真面な衛生行政の元なら大丈夫だったとは言えないまでも、この構図の皮肉なことよ。
こういった状況にはてブあたりでも行政のありかたに対して苦言を呈するのではなく、「外出を自粛」しない"不届き者"への陰口に繋げる声が星を集めていてリアルバカ殿達にとって都合の良い社会になっていることを確認することができる。

id:lieutar
ヨタ話を信じる人々のことを語る

COVID-19の原因について、「中国人がコウモリの刺身を食べたせいだ」とか「生物兵器の漏出だ」とか本気で信じている人達もいるようで、もちろんそういった可能性が絶対にはないとは言えないものの、未だ不明とされているその原因についてその人だけが特権的に知っている理由が特別の事情に通じている為とも考え難く、ならば彼ら彼女らの確信の背景にあるものは何かと当然疑問に思えるわけで。
で、その原因の一つに排外主義的感情と言うのもありえるだろうけれど、それ以上にウィルスと言うものが異例の速度で進化し得るものでありいつどこで新種のウィルスが発生し、猛威を…[全文を見る]

id:lieutar
ロシアぽいのことを語る

クリオコワ

id:lieutar
のど自慢のことを語る

なんとなく、今まで「のど自慢がない」→「なんか駅伝とかやってる」ってことが多かったので、のど自慢のかわりに特番の再放送だと

「のど自慢がない」→「駅伝の予定だったけどイベント自粛で枠が空いたから適当な番組の再放送」

だと勝手に思いこんでたんだけど、よく考えたらのど自慢自体が人の集まるイベントごとだったのね…

id:lieutar
五度圏のことを語る

五度圏の構造を理解してくると、暗記する要素を最小化できる。
で、とりあえず白鍵右回りの並び、FC-GDA-EB を覚えるのが良いのではないか。「ファミコン、グダ、エビ」 とでも覚えてみよう。
日本語だと ヘハ-トニイ-ホロ 。「屁はトニーからホロへ」とでも覚えてみよう。
で、白鍵を覚えると、黒鍵は同じ並びでFCを抜いたものが♭、EBを抜いたものが#になるので簡単に作図できる。

id:lieutar
五度圏のことを語る

五度圏マウスパッドとか五度圏枕カバーとかいろいろグッズがあるらしいことを知ったんだけど、自分で作図したものでもなんか冷蔵庫のマグネットとか作ってみたくなってる。
水道屋のチラシからマグネットだけ剥した奴が大量にたまってきてるし。

id:lieutar
五度圏のことを語る

(承前)の改訂版

  • 黒鍵と白鍵の区別をわかりやすくしてみた
  • C → C# → D →… と順に辿るときの経路である、一筆書の十二芒星を中心に配置してみた
  • 各スケールの#や♭を音名付きで配置し、Cメジャー、Aマイナーから離れるごとにどの音が変化したのかを色をつけてわかりやすくしてみた
id:lieutar
五度圏のことを語る


考えかたの一つとして色相環からの類推をしやすくしてみた五度圏の図。
こうやって見ると、マイナースケールの五度圏が90度傾いているのとか判りやすいんじゃないかなとか。
あと、C→C#→D→D# … って順に辿りたい場合は、中心通って向いに行くんじゃなくて、一段階右側に行くってのとか作図してて気付いた。

id:lieutar
音と色のことを語る

音は高さで隣接するものは、あまり調和しないの色と違ってて面白いなーって思うんだけど、調和しやすいものを円環状に並べることも出来て、その場合点対称の位置に独自の響きがあるってのは色相環に似ているように思う。トライトーンと補色対比って考えると、ドミナントは無彩色のイメージなのかもしれない。
ドミナントは緊張…緊張の無彩色と言うとビジネススーツや作業服のイメージ、じゃあトニックはパジャマ、サブドミナントは私服かなとか、労働をするとパジャマを着て寝たくなるとか、そういうイメージを作ってみるのはどうか…。

id:lieutar
俳句のことを語る

鷺一羽横切る窓の色の春

id:lieutar
「デモで社会は変わるのか」のことを語る

なんかつべにAbemaの番組としてそういうのが勧められたんだが、出演陣の目玉とされている人物から内容ある議論は期待できねーなとスルー。
結論から言えば韓国はデモで朴政権を倒したし、そのデモの切っ掛けになったのは日本の戦争法反対デモだ。
だから実績から言えば変えられた社会もあるし、変えられなかった社会もあると言うのが正しく、なかなか変えられない社会は何がネックになっているのかと言うことを分析してはじめて内容のある議論になると思う。
まぁ、日韓の差というところではデモの拡大を続けられたか、そうではないかと言う違いだが、その背景にあるのが苛…[全文を見る]

広告欄

「Youtube」の書籍をもっと見る