書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。


記法一覧
Tips:「話題」が本文の内容と適切に関連していれば、広告も関連性の高いものが表示されやすい。
カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

ジンギスカン風焼そば


製造は東洋水産。湯切りまでは「やき弁」と見まがう。ソースをかけるとジンギスカンの香り。なるほどジンギスカンから肉を抜いて麺を入れたような味わい。「ジンギスカンのタレ味」なら100点だが、「ジンギスカン風」とするならもうちょっとラム肉感の表現が欲しいか。ジンタレ好きなら。

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

「チリトマトチーズ味ラーメン」

製造はエースコックで、低価格帯でも弾力のある良質な麺は健在。唐辛子の刺戟が利いたチリトマトスープもさすがの味わい。しかしラーメンの範疇を逸脱した味の方向性をどう評価するかは悩ましい所。変ラーメン好きなら。

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

近年のヒット「山わさび塩ラーメン」が新しくなって、チラシなどでは「山わさび塩ラーメン 改」として案内されている。以前より刺激が強くなったと‥。

出始めの時期には、従来品が値引き併売されていた。

原材料名を比較してみると、主な違いはスープにあるらしい。

従来品:

スープ(食塩、魚介エキス、山わさびパウダー、鶏・豚エキス、砂糖、たんぱく加水分解物、ガーリックパウダー、胡椒、酵母エキス、ジンジャーパウダー、植物油脂、全卵粉)

新装品:

スープ(食塩、山わさびパウダー、チキン調味料、砂糖、魚介風味調味料、魚介エキス、魚介パウダー、たんぱく加水分解物、ガーリックパウダー、胡椒、酵母エキス、ジンジャーパウダー、植物油脂、全卵粉)

おそらく山わさびの比率が上がっている様子。実際に食べてみると、確かに従来品より刺戟が強く、山わさびの存在感が向上している。山わさび好きなら。

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

セイコーマートの「ニンニク辛味噌ラーメン」。製造はヤマダイ

つゆにニンニクの風味が効いているだけでなく、かやくに入ったニンニクが加わってニンニク感をいっそう盛り上げる。つゆは辛系というほどではないが唐辛子がピリッと脇役で味を引き締める。ニンニク好きなら。

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

セイコーマート「焦がし醤油ラーメン」と「野菜たっぷりちゃんぽん」

どちらも製造はエースコック


熱湯三分、液体スープを注ぐとどこか焙煎したコーヒーを思わせる香りが立つ「焦がし醤油ラーメン」は、ふつうの醤油系よりも深みのある味わい。

[全文を見る]

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

セイコーマート「キムチラーメン」と「カレーうどん」



どちらも製造はヤマダイ

キムチラーメンは、農心の辛ラーメンに近い方向性の調理ではあるものの、辛さは食べるのが遅くならない程度で、刺戟を求める向きには物足りない。だが味はなかなか悪くなく、唐辛子系の旨みを楽しめる。

[全文を見る]

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

セイコーマート「名古屋台湾ラーメン」


エースコックの製造なので味と麺の出来に間違いは無い。「ギョーザパンチ」をちょっとおとなしくした感じ。セコマPBの安いカップめんとしてはかなり良い。

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

セイコーマート「ピリッと辛いラー油そば」


魚介系の出汁が利いた濁りの強いつゆとラー油の組み合わせが美味しい。製造者はカナヤ食品

カップラーメン/セイコーマート について
@kodakana_ship10 より

セイコーマート「山わさび塩焼そば」

¡ふつうのカップ麺の感覚で口に入れるとまずこらえる間もなくむせます!

「北海道メロン」と並んで近年のセイコーマートの推しになっている「山わさび」系に強力な一品が加わった。
戻し3分。山わさびはソースに入っている。湯を切ってソースをかけると、タマネギを切った様な香気が湯気に乗って立ち上る。涙、鼻をかむ用意が必要。食べようとすると口の中に香気が充満。むせるので少しずつ食べる。刺激は強いものの、唐辛子系の様な口に残る辛さや消化器系への負担感は無い。後味はむしろ爽やか。
定番になっている「山わさび塩ラ…[全文を見る]

広告欄

「セイコーマート」の書籍をもっと見る