お話しするにはログインしてください。

|

Tips:アマゾン記法:www.amazon.co.jp の商品ページの URL、または asin: か isbn: に続けてその番号を記入すると、対応する商品の画像が表示される。
id:nekoana
らくがきをする

※戦国時代には高級品じゃなかったそうです

id:cubick
id:nekoanaのことを語る

>> id:nekoana
クランプは付ける場所と付け方によって (挟まれる側を) 痛める場合があるのは注意が必要かもしれません。
間に挟む鉄板みたいなのもあるみたいですが。

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

デスクライト、スタンド型とクランプでガッチリ固定型とどっちがいいんだろう

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

「主人公を絶対聖人君子には描かないぞ!」 という方向へ、本腰入れて舵を切ってきた感があるw、 青天を衝け

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

これも何度か言ってる気がするんですけど 若い頃はきれいごと大ッ嫌いだったけど、
年を経るほど「世の中きれいごとだけじゃない、だからこそ、きれいごとを忘れちゃいけない」と思うんです
で、政治ってきれいごとを現実につなげていく仕事だと思うので、つなげるためには言っていかないといけない…

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

遅い誕プレで低身長用の机をいただきました
机は広くなったけど部屋は狭くなりました…でも小さくても俺の城…レイアウトをああでもないこうでもないと悩むのは楽しいね
ライトと椅子は自分で選んで買う

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

ゆうべ家族を起こしてしまうくらい、うなされて叫んでたらしい
内容は覚えてないけど悪夢は見てた気がする

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

午前中は生理の大量出血で動けず
手伝いにきてくれた来た母に「顔も手足もまっ白だよ」と言われてしまった 血が 血が足りない

id:nekoana
らくがきをする

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

生理の大量に出る経血と、それに伴う貧血で意識が朦朧したようになってしまった

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

おはようございます
月一の腰痛と貧血です…ボチボチやります

id:nekoana
らくがきをする

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

夫はまた出張に行きました
また頭の調子が悪くて…毎度同じことなんですけど…
「夫や実家に生かされていて、私は何ひとつ自立していないな」とか「いないほうがいいんじゃないんかな」とか
「今まで私は何してたんだろう、これから何ができるんだろう...」という漠然としたことばっかりです
自分に求められているのは、せいぜい子どもたちのごはんを毎日用意することくらいだけです

id:nekoana
獄門島のことを語る

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

朝から午前中は調子良かったのに、昼ごはん食べた後
NHKのハセヒロ獄門島観てからぎゅーんと落ち込んでなぜかつらい…
獄門島のせいじゃない…

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

地震はだいぶ激しい揺れでしたが、今のところ何ともないです

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

「使うことばを変える」ってバカに出来ない影響があって、言葉という「形」から入ることで
考え方という内面のクセまで直して変えていけるような...そんな気がします

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

仕事やめるとか、家出るとかは、すごくハードル高いし 行動や環境を変えるって たいてい経済的精神的にコストがかかるので
自分も「やればいいのはわかってるけどやってない」ことばっかりだけど
その中で、比較的すぐに出来ることが「使うことばを変える、意識して選び取る」ことなんじゃないかと思う

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

「ワーきれい! こうなりたい」と、ティン!と来たキッカケは ある韓国コスメブランドのビジュアルだった男性モデルさんです
ずっと、「なりたい女」はまったくいない、ピンとこないけど、「なりたい男」はいたんですね
好きな(見た目が男性の)俳優さんも、「タイプだ、付き合いたい」とかでなく、究極は「自分が目指すモデル」なんだわ
今、すごく困りはないけど「女らしくしろ」っていう環境の時はキツかったし
やっぱり、なりたい自分は「女」の箱に入れられない、「グラデーション」なんだ...というのを、自覚するキッカケでもありました

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

また改めてブログ記事にすると思うんだけど、とつぜん「キレイになりたい」と思い始めて、スキンケアと爪のお手入れからやっています
あれほどメイク嫌悪、外見に気を使うことを憎んでいるくらいだったのに、まあ何という変わりよう...
心の中の障壁を、なくすことが出来たのかもしれません
外に出る際のエチケットだ、好感を持たれる為だ、と言われても、「ケッだれがしてやるもんか」と抵抗していました
でも「なんだ、自分のためにお手入れしていいんだ。これは『いたわり、手当て』だ」と、化粧に対する解釈が変わりました(リクツっぽいですね)