PC by id:Kodakana

Acer Aspire E3-112 を一年半くらい使った感想

2016年4月、それまで使っていた ThinkPad X121e(AMD E-300) を里子に出すため代わりにリファビッシュ品を購入。29000円くらいだったか。 このクラスのローエンドなノートはメモリ2GB、ストレージは eMMC で32GB~64GBという製品が多かったが、これはメモリ4GB、HDD 320GB というのが良い点。 CPU は Celeron N2840 で性能は低め(といっても E-300 よりはかなり速いが‥‥)である代わりに低発熱でファンレスなのも良い点。薄く軽くバッテリもかなり保つ。

性能は低めといっても PSO2 が最低画質なら余裕で動いたのは驚き。

底面はネジ数本を抜けば簡単に外れ、HDD の換装も簡単。SSD にすれば無音ノートの出来上がり。SSD にした方が良さが出る(メーカー保証はなくなる)。

キーボードは何か紙屑でも挟まってるんじゃないかと思うような感触であまり良くない。とはいえちゃんと打ってるつもりなのに取りこぼすとかいったようなことはない。慣れればけっこう打てる。

全体が価格なりに安っぽいのは良いとしても、液晶は現在の水準ではかなり悪い方。五年くらい前ならまだまあまあという感じだったかもしれないが、今はスマートフォンなどで身の回りにきれいな液晶が多いので、もうちょっと何とかならないのかと思う。特に今年の初めにデスクトップ用の液晶を十年ぶりに買い換えたら、目が贅沢になってしまいちょっと見るに堪えないという気持ちになってしまった。

三〜四年落ちの中古で良ければ同じ額でずっと性能が高くて品質の良いものが買えるので、用途や目的にもよるが、もっとしっかりしたものを使った方が良いなあと結局思いました。なお、この文章は ThinkPad L440 で打ち込んでいます‥‥。

シェア いかにも!
書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。