お話しするにはログインしてください。

|

Tips:Tweet の URL は埋め込み tweet に変換される。
id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

「メンヘラ」って言うと 病や症状ではなく、人を丸ごとラベリングしちゃうのかも
心が病んでるのも、その人の持ってるいろんな側面のひとつであって それを除いても、その人は、その人であり続けるので(職場のポジションみたいに)
メンヘラは「良くも悪くも変化を拒んでしまう」ラベルに感じる?

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る
id:nekoana
花写真のことを語る

雨で上手く撮れなくて、3日通って撮ったので見て下さい


id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

今日も寝てしまって 目覚めたら夕飯作りの時間で…😢
体のほうは手術希望であれば他院を紹介しますと言われた がん検診も受けたので来週検査結果聞きに行く
何でこんなに眠るの…疲れてるの

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

学校を通して、洋品店から、夏からの制服やジャージなどの値上げ、納期が長くなるお知らせが来ました
どんどん、あらゆる物の値段が上がってるので、親世代と教育にかかるお金の話は合わないなあと思う

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

検査の結果異常なかった 治まってきました

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

虎に翼 ものすごいドラマだ

id:nekoana
鎌倉殿の13人のことを語る

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

前も言ったのですが 混じりけがないこと(そもそもそれがあり得ないことだけど)よりも
私の血にも行ったこともない遠い土地の人々から脈々と繋がる川がいくつも流れ込んでる、その交差点に自分がいる、と思うほうが夢があって楽しくなりませんかね 雑多で複雑であることは、素敵なことでは

id:nekoana
花写真のことを語る

ちゅりっぷ

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

病院の予約は入れたけど 美容院の予約は忘れてた おしい(おしくない

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

自分だって言われるなら「すいません」より「ありがとう」のほうが嬉しいのに、
つい口から出ちゃうのは「すいません」なの、なんでだ 意識して「ありがとう」に変換していこうねぇ

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

しんどい いいこととか何も考えられない おやすみなさい

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

寝たきりだった 本を一冊読めた おやすみ

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

保護者会に行くと だいたい「娘さんしっかりしてらっしゃる、うちに遊びに来てもいつも元気挨拶して、しっかりしてて、お世話になってます」という親御さんからの褒めに会うのだが
「それは娘の持ってる天性のものであって、私は何も教えたことないですね……」の戸惑いを抱えてる(めんどくさい親)

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

保護者会じたいは楽しかったんですけど 生理で体調がよくないので疲れて寝てしまった
身体がままならないのが悔しい 明日は養生します

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

言葉だと言い切ってしまったけど「いやまだ内面ではもっとグレーなんですよね」というものがいっぱいあります
特に「男が、女が」を主語にしちゃうとき「いや、仮なんですけどね、だって2つだけじゃないし」ととても迷います

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

グローバルパートナーってカッコよく言っても、要は鉄砲玉のことでしょう

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

政治や国際ニュースを見てしまうと本当に引きつるような、胃が痛くなるような怒りに見舞われるけど
これを、すぐ身近な人に説明して、話しても まったく知らないし(とにかく、生活と仕事が忙しくて)通じないという寂しさがある...
ヒマ人だから気になるんじゃないの? って責められているような気持ちになってしまって...よくない
おやすみなさい

id:nekoana
自分(id:nekoana)のことを語る

今朝見た夢 服を買って、次に立ち寄った店にそれを置き忘れてしまって、目が覚めてアチャ…と思ってもう一度寝たら
続きの世界に戻れて、忘れたお店に行ってたずねたら「預かってますよ」って渡してくれて、ありがとうございます~! よかった~! ってスッキリした めずらしい夢だった