お話しするにはログインしてください。
|
Tips:「話題」には本文が「何について」言っているのかを提示する語句を入力する。
id:l-o-v-e-c-a-t-s
のことを語る
Ads by Amazon.co.jp

知念実希人作品、人気あるのだろうけどなんだか難しそうだったので今まで読んでいませんでした。
これはラノベ絵(たしか涼宮ハルヒの人?)だし読みやすい文体でよかったです。私の乏しい医療知識でもちゃんと読めた。

id:happysweet55
/不死身の特攻兵のことを語る

読了。鴻上さんの本は前にも読んだことがあるけれども、これは名著。特攻命令を拒否して、9回帰還したパイロットの話を通して、国家戦争、日本社会、人生の問題まで考えさせる内容になっています。ここまで太平洋戦争の特攻隊が象徴するような『日本特有の問題』を「命令する側」「命令される側」「傍観する側」で冷静に分析して、書かれた本も読んだ経験も初めてかも。右の人にも、左の人にも読んで欲しい。ぼくは著者の視点や考え方に、全面的に賛成です。

Ads by Amazon.co.jp
id:dominique1228
のことを語る
Ads by Amazon.co.jp
Ads by Amazon.co.jp

池上さん+佐藤優さんの本と一緒に、外来の帰りに運良く買えた
面白いモリアーティ終わっちゃいそうで悲しい
文ストはどんどんワールドが広がってくるから新刊出るたび最初から読み直すんだけど、
まだ18巻も手付かず…
スピンオフの「わん!」アニメ化決定、ちょっとだけ楽しみ笑…[全文を見る]

id:Dusty
のことを語る

有川浩「県庁おもてなし課」を2/3くらい読み終わりました。
なんだこれ面白い。

id:dominique1228
のことを語る
Ads by Amazon.co.jp

思い出して拾い読みしている
大友さんの、障害児とのワークショップの取り組みは
数年携わった障がい者対象ヘルパーとして興味深かったし
稲葉さんの生い立ちからその活動、考え方、には啓蒙される
元々図書館で見つけたのだが、手元に置いておくべきと感じ入手

Ads by Amazon.co.jp

ももちゃんとけんかしてしまった
なぜこのタイミングでメールで勧めてくるAmazon恐るべし
ひとりっ子のウィークポイントは、けんかのやり方が判らないこと
場合によっては心理療法士介入を勧めるこの本
今日カウンセリングのわたしにうってつけ…[全文を見る]

id:riverwom
今日買った本のことを語る

高野雀「しょうもないのうりょく (1)」を買いました。村上春樹の「猫を棄てる」を買いました(小サイズだった)。桜木紫乃の新刊は胸が痛みそうだけれど、どこか光があるというように帯に書いてあったから買いました。

id:esprssne
のことを語る

もう5年も待ってるよ。続きはまだかなあ。

Ads by Amazon.co.jp
id:l-o-v-e-c-a-t-s
のことを語る
Ads by Amazon.co.jp

(ネタバレ回避のため詳しいことは言えませんが)おでん屋での日々が幻じゃなくてよかった。
結局、霊はいるのかいないのか…続編希望。

id:esprssne
のことを語る

蟄居生活でよかったことと言えば、就寝前の読書の習慣が戻って来たことです。昨晩から、10年ぶりくらいに「自負と偏見」を読んでおります。夜が楽しみ。

追記)
いろんな版があるけど、私が読んでるのはこれ。

Ads by Amazon.co.jp
id:yabu_kyu
読書のことを語る

清が坊ちゃんのことなんで好きかとかは語られなくても気になんないのにな(まあ「よいご気性」だからっつってるか)。

id:poolame
のことを語る

高野雀『しょうもないのうりょく (1)』を拝読しました。これはもう、大発明、大傑作。およそ人間の望むものがすべてここに詰まっていると豪語したい勢いが得られます。最高なんです。おすすめです。みんな読んだらいいと思う。

Ads by Amazon.co.jp
id:riverwom
のことを語る

藤原麻里菜「無駄なことを続けるために - ほどほどに暮らせる稼ぎ方」
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4847097319/

ラストの笑顔からの表情にやられたので(なにを)本も読もうかと思いました。

id:o_ne_i
のことを語る

このツイートなんだけど、
https://twitter.com/bokukoui/status/1276842678274060292

「私は本を買って3万円を消費したのではない。3万円の紙幣が本に形を変えて財布から本棚の中に移動しただけであり、したがって私の総資産はまったく同じなのだ」

ご本人は屁理屈みたいに書いてますけど、どこが屁理屈なのかサッパリ分かりません(キリッ

id:pictures126
のことを語る

神田松之丞が神田伯山を襲名するというニュースに色々調べていたら、
先々代?の神田伯山の息子、神田松鯉のことを瀬戸内寂聴が「花野」という小説に書いている、ことを知り
ググったけれど、どうも全集でないと入手が難しいらしく、
ポイントやクーポンを使ってえいっと買ってみた
瀬戸内寂聴全集第一巻

うなってしまった
いやーこの人、本当に巧い
なんというか、鮮やかなんですよ。情景のえがきかたが
粋なこと、
色や着物に詳しいせいもあるのでしょうが、
もちろん、艶かしいところはおおすぎるくらいあるのですが、
それが特に際立つわけではない
(いや処女作からし…[全文を見る]

id:dominique1228
のことを語る

(承前)
ちょうど今、秋山さんの出ているIPPONグランプリのDVDを見てますが
私、テレビ観ないから随分顔が大きくなってて同一人物と信じられなかった

あと、今大メジャーの星野源がいたサケロックの白黒1ページとか
そう言う発掘ものがあったりする 笑

id:dominique1228
のことを語る

【何報】【ルーツバック中】
どう言う訳かQuick Japanの菊地さん関連掲載バックナンバー祭り
それが済んだら今度は書籍編、スペインの宇宙食から手をつける予定

Ads by Amazon.co.jp

 


[全文を見る]

id:happysweet55
のことを語る

なかなか読み応えのある島田雅彦さんの書評記事。イエス・キリストは「神は俺を見捨てやがった」という絶望を感じながら、死の淵に立っていたという話。

良心は誰もが持っているが、自由をタダでくれる支配者はいないので、戦って勝ち取るしかない。

この箇所がいいなあと思う。

今週の本棚・なつかしい一冊:島田雅彦・選 『イエスという男 第二版[増補改訂版]』=田川建三・著 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200627/ddm/015/070/003000c

id:feelingstar
のことを語る

就労移行で出された課題の資料集めで久しぶりに図書館を使うようになりました。身近にあるのに、なかなか使わないでしまう…
課題は「自分なりの相談の仕方」とか「自分の苦手についての伝え方」とか自分に役に立つであろうモノなんだけれど、結構資料探しが難しいです(^^; インターネットで検索するとキーワードの入れ方がうまくいかないようで、違う方向に向いていくのでなるべく書籍で探したいと思っています。
近々返却日なので、また本を借りてくることにします。

id:dominique1228
のことを語る

【読了】

Ads by Amazon.co.jp

これを、いつ買ったかはもう覚えていないが
ずっと置いたまま、手にとったりもしたが、結局、今になった
今の自分が読むのが一番ふさわしい、どうしてと言いたくなるタイミングである
自分の過ごした環境と微妙にかぶったり被らなかったりだけれど
確実に私をとらえた
これ以上今文章にすることはできないが、色々な意味でショックだったことは確実である

id:riverwom
のことを語る

カミュのペストの舞台はアルジェリアのオラン市という港町で、それは一行目にかかれているので、読み始めた瞬間、「アルジェリアのオランー」と「敦盛2011」が鳴り出すのは避けられないことなのです。

広告欄

「不死身の特攻兵」の書籍をもっと見る