書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。


Tips:引用記法:>>(大なりを二つ)で始まる行は引用文として扱われる。
カップラーメン by @kodakana_ship10

農心の「プデチゲラーメン」。

まず、「プデチゲ」とは‥‥。
※商品容器の表示より。

韓国の鍋の一種。肉、野菜、豆腐などといった一般的なチゲの材料と共に、ソーセージ、スパム、インスタントラーメンなどの食材を辛味のスープで煮込んだ、大衆的鍋料理である。


一種のごった煮でしょうか。

辛さが先に立つつゆは、同社の「辛ラーメン」と共通の傾向。ソーセージ的なダシが加わっている点が大きな違い。麺はペンネ・リガーテの表面にも似た溝入りで、味がよく絡むように意図されている。まず辛いが、食後にじんわりと旨みを感じるのも「辛」と共通。日本のカップめんには無い独特の味と辛さを求めるなら。
[全文を見る]

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

エースコック「たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て」


あっさり系焼そばのモッチッチから、たらこ味が登場。原材料名に「たらこ加工品」とあるが、以前「JANJAN」で出していたのと同様の、たらこふりかけのような感じ。ふつうに美味しいものの、「やきそば弁当」のたらこが粒々感まで表現しているのには及ばない。味はモッチッチシリーズ共通の、ちょい足しの余地がある構成なので、マヨネーズかバターを足すと風味が引き立つかもしれない。たらこ味好きなら。

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

東洋水産「やきそば弁当 塩バター風味」


塩系のソースに“じゃがいもとバターの風味を加え”という味付けだが、じゃがいも要素はやや難解か。そもそもじゃがいも自体が味の立つ食材ではなく、同じ炭水化物系の麺に加えることの利得は何なのか。確かにじゃがバターっぽい何かだが、バターもあくまでバター風であり原材料名にバターは含まれていない。もうちょっとバターらしさが強ければ新しい美味しさが出るのかもしれない。戻し1分の細め麺は北海道新幹線開業に合わせた限定商品「やきそば弁当 エクスプレス」の系統。ふりかけは胡椒系。もう一つ何かが欲しいが、やき…[全文を見る]

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

セイコーマート「山わさび塩焼そば」

¡ふつうのカップ麺の感覚で口に入れるとまずこらえる間もなくむせます!

「北海道メロン」と並んで近年のセイコーマートの推しになっている「山わさび」系に強力な一品が加わった。
戻し3分。山わさびはソースに入っている。湯を切ってソースをかけると、タマネギを切った様な香気が湯気に乗って立ち上る。涙、鼻をかむ用意が必要。食べようとすると口の中に香気が充満。むせるので少しずつ食べる。刺激は強いものの、唐辛子系の様な口に残る辛さや消化器系への負担感は無い。後味はむしろ爽やか。
定番になっている「山わさび…[全文を見る]

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

エースコック「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン」と「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」



カレースープはCoCo壱番屋との共同企画商品でも見せた出来の良さで、エースコックのカレー力の高さを改めて示している。とんがったところは無く、安心して食べられるのは長年の定番であるボンカレーらしさの再現か。カレー麺好きなら見逃せない。
[全文を見る]

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

東洋水産「やきそば弁当 焼とうきび風焦がし醤油味」


麺に醤油系の味付けは考えてみれば普通だが、焼きそばの形では新鮮。これが単に醤油味ではなく、なぜか焼とうきびの風味があるから不思議。それもただ物珍しいのではなく、ちゃんと美味しいのはさすが。マルちゃんのラーメンでは醤油味が一番だと思うが、その腕前が焼きそばと出会った逸品。

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

東洋水産「あつあつ牛すきうどん」


マルちゃんらしい味わいのスープはすき焼き風の甘じょっぱい濃厚な旨さ。戻し5分の麺は赤いきつねなどと変わらない。具には牛肉風の何かではなく、本物の牛肉が入っていてけっこうしっかりした食感。生卵を合わせても良さそう。百円台でちょっと贅沢な気分になれる。一食の価値あり。

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

エースコック「スーパーカップ1.5倍 ご当地鍋札幌編 かに鍋風味噌ラーメン」


かにかま入りの具とかに出汁風味の汁でかに鍋っぽい感じを楽しめる。汁はつい飲み干したくなる味わい。ただし「かに鍋風」という言葉に期待を煽られすぎているようなら、少し箸を止めて冷静に値段というものを考えよう。別に生のかにかまをお湯を注ぐ前に足しておくとより雰囲気が出るかもしれない。太めの麺は戻し5分。


最近のエースコックの太モチ麺全般に言えることだが、少しくらい伸びても食感が破綻しないので、好みによってはやや長めに置くのもよいと思う。

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

東洋水産「ごつ盛り ごつ辛焼そば」

じわりとくる辛さ。辛系カップ焼きそばとして普通においしく、特に積極的に減点する要素はない。ただし辛いという他に別段特徴もない。「ごつ盛り」シリーズでは「塩焼そば」でバジル入り特製スパイスという工夫でヒットを飛ばしているだけに、こちらにももう一味、何かが欲しいところ。期間限定商品ということで、いずれ再登場することがあれば改良を期待したい。

シェア いかにも!
カップラーメン by @kodakana_ship10

エースコック「焼そばモッチッチ」

油揚げめんなのに熱湯を入れて5分待つと冷蔵の焼そばを作ったあの感じになる。驚き!
味は脂気でコクを付けるのではなく、ダシ風味のソースと鰹削り節のふりかけで深みを出しており、軽さがありながら満足感も高い。「スーパーカップ 大盛り油そば」とは対極の仕上げ。カップめん好きに限らずおすすめしたい逸品。

シェア いかにも!