書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。


記法一覧
Tips:YouTube/ニコニコ動画/Sudomemo の動画ページの URL は動画として表示される。
について
id:gustav5 より

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」というアニメをMXで春先までやっていて途中から終わりまで続けて視聴していた。原作があるのは知っていて、6月半ばから映画もはじまるのでそれまでに本を読んでおきたいのだが表紙がいわゆるラノベで、人がいるとなんとなくレジへ持って行きにくい。10代の頃エロ本を買っていた勇気がいつのまにかなくなってるのだなあとつくづく思う。歳をとると恥じらいは無くなるというけどおれは恥じらいを覚えてしまったのかってそんなことはともかく。
覚悟を決めてそのうち買う予定なのですが本屋で「青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない」等挙動不審なラノベ数冊を持ったおっさんがいたら見かけても見て見ぬふりをお願い申し上げます。

について
id:you_cats0712 より

西條奈加の本は文庫で出たら購入したいので、単行本の中では新しくてまだ文庫になりそうにないものと思って借りてきたのに、よく見たらそれほど新しくなくて、もっと新しいのがいくつかあった。失敗した。これ、もうすぐ文庫で出るかも。
そして、新しいので面白そうなやつが出てるじゃないか。(今Amazonで見て気づいた)

について
id:dadako より

『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』キャスリーン・フリン

Ads by Amazon.co.jp

この本のタイトルうろ覚えで、今、isbnを探そうとしたときに使ったキーワードが、結局「ダメ女」。
ハイクでも書いたのだけど、この本いい本なのだけど、このタイトルのまさにこの「ダメ女」という部分が好きでないの。本の趣旨とあってないと思うし、言葉としても好きでない。
でも確かにインパクトはあるんだよな。「奇跡の料理教室」より。
やな気分。

追記 ちなみに、ハイクで書いた読了後の感想は、いっとくさんにインポートしてもらってる。https://pulpdust.org/i/entry.php?id=117356 

[全文を見る]

について
id:sdkfz より


海軍技術者の戦後史
戦後間もないころに、国際船舶工務所っていう旧海軍の設計部門を保存するためだけに作られたような胡散臭い会社があって
財団法事になって名前が変わったり初期の国産護衛艦の設計やらやってるうちに防衛庁技術研究所に吸収合併されちゃったりしたんだけど
で、この本には1951年9月に旧第二復員局の関係者からの極秘依頼を受け軍艦の設計を再開したという様なことが書いてあるんだけど、これの引用もとの牧野ノートには第二復員局からの依頼と書いてある
関係者とかぼかした感じにしたのは、この時期すでに第二復員局が解散しているからだろうけど
じゃ依頼したのって具体的には誰だというかどこだよ
内閣府にY委員会が発足するのは翌月で存在しない、海保の海軍化に猛反発していた運輸省が金を出すとも思えない
いったいどこから金が出たんだ

について
id:sdkfz より


栄発動機の取説の復刻版

図入りで懇切に説明、これさえあればゼロ戦とかのメンテはばっちりだ
……うん?なんか違和感あるな……ひらがなだ!
旧軍の公文書は漢字カタカナ交じり文、ひらがなが使われることはまずない
元本をスキャンしてそのまま印刷したという触れ込みなので、出版にあたり読みやすいように改変したということも無い
てことは海軍が使ってたマニュアルじゃなくて、メーカーの中島の内部資料だこれ

について
id:you_cats0712 より

今朝、雨子さんが書いてらっしゃったアンソロジー「探偵たちよ、スパイたちよ」の題名に記憶があるな、うちにもあったはずと思って2階の本棚(2軍)を探しに行ったけれど見つからなかった。処分したのか?
ここ数年…とくに家のリフォーム前の本の整理では、どういう基準で処分したのかまったく思い出せない。たぶん、その時の気分で決めたんだろうな。
にしても、絶対に捨てたはずがない、捨てる気にならないはずと確信のある本がいくつか見つからないのはどうしたわけか。

について
@kodakana_ship10 より

フルーツバスケットanother 3|白泉社
後半は連載で読んでなかったので初見。

呪わしいものに日常を侵されていたとしても、夢のように一夜で全部解決なんてことはないけれど、前を向いていれば‥
「みんなが笑っている場所/みんなが離れていかないような…自分/温かい処」
はあるんだ。再び。

について
@kodakana_ship10 より

貨幣の「新」世界史──ハンムラビ法典からビットコインまで | 種類,ハヤカワ文庫NF | ハヤカワ・オンライン
カビール・セガール著、小坂恵理訳。

第一章が何だか読み進めにくい気がしてずいぶん放置してしまった(文章が難しいわけではない)けど、第二章以降はおもしろくなって一気に読了。第一章は飛ばしておいて最後に読んでも良かったかも。

なぜ私たちはお金に惑わされるのか?
私たちはなぜこれほどまでに「お金」に翻弄されるのか? ウォール街の投資銀行家が、金融危機の渦中で抱いた難問に挑む。 人類誕生以前にまでさかのぼる貨幣のルーツ、前身…[全文を見る]
/購入予定 について
@kodakana_ship10 より

フルーツバスケットanother 3|白泉社

フルーツバスケットanother 3
フルーツバスケットアナザー 3
■著者名: 高屋奈月
■ISBNコード:9784592218531
■シリーズ名:花とゆめコミックススペシャル
■定価:本体: 580円+税
■発売日:2019.3.20
について
id:Kodakana より

ティーバッグの包を目印に挟む。

について
@kodakana_ship10 より

最近読んだ。
通貨経済学入門』宿輪純一、日本経済新聞出版社。

円高対策、ユーロ危機、元切上げ、東アジア共通通貨――「通貨問題」の全て、グローバル経済の本質がわかる! 激動する「通貨経済システム」の歴史・制度・理論・トピック・将来展望を第一人者が明快に解説する決定版!

2010年の旧版を古本で。為替、交際通貨の基本を押さえられる。難しくなく書いてあるけど所々文節が整理不足かな。

について
@kodakana_ship10 より

最近買った本。

  • 『検証 日韓会談』高崎宗司、岩波新書
  • 『日韓外交史 対立と協力の50年』趙世暎、平凡社新書

事実関係の確認のために。事実に基かないことは言う価値がない。

について
@kodakana_ship10 より

最近買った本。

  • 『英語の歴史』中尾俊夫、講談社現代新書
  • 『英語の歴史 過去から未来への物語』寺澤盾、中公新書

このたぐいの本はたくさん出ているので手頃なところから。英語の歴史、だいたい把握。

について
@kodakana_ship10 より

はじめての生理学 上下巻 田中冨久子
人体の仕組みの基礎知識。慣れない分野なのもあってすらすら読むというわけにはいかなかった。でもこういう関係のももっと頭に入れたい。

について
@kodakana_ship10 より

最近買った本。薮内清『中国の科学文明』
ブックオフオンラインで注文したら0円になって、なんでかと思ったら「不備が見つかったのでタダにするよ」というしおりが。わりと美品だと思うけど。

について
@kodakana_ship10 より

最近買った本。
原田信男『歴史の中の米と肉』
日本の食文化における米と肉の対立に着目し、社会史的にその展開を追う異色の論考。

について
@kodakana_ship10 より

最近買った本。アガサ・クリスティのポワロもの。
この前まで Gyao! でスーシェのポワロを配信していたので久しぶりに観ていたら原作も読みたくなったのだった。
ついでにミス・マープルも。

について
id:kubitaoru より

今日買えなかった本
ルーヴルの猫 オールカラー豪華版 上・下 松本大洋
二冊で7,560円也。
高っかいなー。でも大判でオールカラーだしなー。

について
@kodakana_ship10 より

最近買った本。

  • 『東洋的近世』宮崎市定
  • 『世界屠畜紀行』内沢旬子
  • 『ドキュメント 屠場』鎌田慧
  • 『新解説世界憲法集 第3版』2014年、辻村みよ子他
  • 『解説世界憲法集 改訂版』1991年、樋口陽一他

+えっちじゃないびでお。

について
@kodakana_ship10 より

ブックオフオンラインで入荷待ちにしていた本が今年になってからちょいちょい入るのでその都度買うなどしている。

  • 『世界言語のなかの日本語 日本語系統論の新たな地平』松本克己
  • 『継体王朝 日本古代史の謎に挑む 第7回春日井シンポジウム』森浩一/門脇禎二編
  • 『中国古代の科学』薮内清
  • 『ヴァイキングの暮らしと文化』レジス・ボワイエ
  • 『則天武后』気賀沢保規
  • 『中国の古代文学(2) 史記から陶淵明へ』白川静

広告欄

「購入予定」の書籍をもっと見る