お話しするにはログインしてください。

|

Tips:強調記法:**強調**の様にアスタリスクで二重に囲った文字は強調される。
id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『ゼロワンOthers 仮面ライダーバルカン & バルキリー』
(承前)から続く前後編。兵士のロボットを売り捌くための「必要悪」として開発されたライダー滅亡迅雷。単純な暴走ではなく、開発した企業だけを狙った。自分たちを悪役にして人間とヒューマギアの和解を狙うのか。
・合議システムのAIの命令で動いていた兵士も自分の意志で論争を始め、人間に敵対する者と協力する者に別れる。内容はそうではないが「行き過ぎた正義は悪」と言うのは冷笑系の香りもするから表現気をつけて。
・TVシリーズ以上に人間とAIの共存が困難なことを描く。それでも損得だけでは行動できない人間の感情に揺れるAIを観られるのは良い。TVはお仕事ヒューマギアがテーマだったので、いつかAIがブルシットジョブの概念を知ってくれたら泣くと思う。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『セイバー×ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』
・仮面ライダー50年、スーパー戦隊45作品を繋ぐのは青年時代の原作者しかいない。過去のコラボ映画より競演の必然性があります。スーパー戦隊は人数の都合上歴代レッドだけ参戦。
・読者を楽しませるために自分が生み出した登場人物を苦しませないといけない矛盾。悪の匂いのするヒーローしか描けない苦悩。ヒーローを通じて人間を描くのが石ノ森章太郎。その悩みに向き合う神山飛羽真(仮面ライダーセイバー)が小説家だったことを巧く活かしてました。
・藤岡弘、御大は少し痩せたが本郷猛はムキムキじゃないほうが合ってる。初期の旧1号ライダーが見れたのは収穫だが、それなら旧2号も見たいし一文字さんも呼んでよ。(イベントには佐々木剛さん来たけど)

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』
・風間くんが応募した私立小学校にしんのすけ達5人が一週間体験入学。AIが管理するエリートポイントで採点され、ギャルでも勉強とスポーツが出来ればエリート扱い。ポイントがマイナスなら下層クラス。
・原作でもしんのすけが小学生だったら?というエピソードがありますが、風間くんは私立に通うため未登場。同じ学校に行きたいのに、自分だけ私立に行く淋しさが伝わらないことからのすれ違いがよく描けてます。
・ラストはしんのすけ達4人と風間くんのマラソン対決。エリートポイントで採点しても無駄なことの中に大事なものがあるように思えます。映画館まで見に行ったのはヘンダーランド以来25年振りですが、行って良かったよ。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『金子文子と朴烈』
・DVDで観ましたが今年一の当たり。金子文子役は日本人俳優が難しいのかチェ・ヒソさんだが発音はしっかりしている。政治家や弁護士を中心に日本人俳優も起用しているので自主規制なのかは不明。
・反日映画と言われそうだが、日本政府の中に大逆罪での弾圧と司法の独立の対立があり、一枚岩ではないことを描いてる。朴烈も日本人テロリストの難波大助を知って自分を大きく見せようと演じているよう。金子と朴が刑務官(憲兵?)や取り調べた刑事すら引き付けるのは日本社会の多様性とも言えるぞ。
・それでいて金子文子が天皇の恩赦を拒否して死を選ぶのは、自分の尊厳を権威に預けない意地がある。朴烈は生き延びているので、そこを擦れ違いと捉えるか難しい。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『ゼロワンOthers 仮面ライダー滅亡迅雷』
・仮面ライダーゼロワン本編の主役はAIを開発する会社の社長でしたが、スピンオフでは自我を確立したロボット「ヒューマギア」である滅・亡・迅・雷の4人が主役。
・自我を持つヒューマギアたちを兵士として軍事利用しようとする企業。戦いに最適な選択肢をAIの合議システムで決定するので、確立されたAIの自我は排除される。
・兵士たちを解放するために滅亡迅雷の4人がひとつのライダーになって戦うが、その姿こそ兵士を売るための「必要悪」。4人の意志を失い暴走したところで続編に続く。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸』
・赤井秀一と家族を中心に描いた内容だが黒の組織は出てこない。スポーツの大会とリニアが舞台。リニアのトンネル中に軽い弾丸を飛ばせばどうなるか?
・FBIの冤罪を扱うかと思いきや犯罪は事実、詳細が隠蔽されたのも証人保護プログラムのため。社会的ミステリー好きとしては、事実の公開のさじ加減まで持つ公安捜査を肯定するのは好きじゃない。
・しかし脚本の櫻井武晴氏はパンフレットのインタビューで『犯人の前に真の加害者がいる、その加害者が正義。過去の正義によって現在の事件が生まれる』とも語る。相棒も手掛ける櫻井氏が違和感を捨てていないのが救い。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
・観賞後に気分が重くない映画はシリーズ20数年で初めてかも。ミサトさんをはじめ主要な登場人物が歳を重ねたので、今までに比べればダメだった大人が責任を果たそうとしている。アスカの至言、『生きたくもないが死にたくもない』状態のシンジ君。自分にもよくある。
・息子以上に元凶は親父、父と子の対話が幾多の犠牲の上に実現。若者が拗らせるのは当然、しかし拗らせきった中年は迷惑。私も仕事が嫌いと言いすぎないようにしないとね。
・多くの人とのつながりが欲しいのも、一人が好きなのも程度の問題。常時つながっていたいのも迷惑だし、いつも一人じゃ生きていけない。乗り鉄としては新所原駅で降りたことはあるから、次は宇部新川駅で降りよう。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『仮面ライダーセイバー 不死身の剣士と破滅の本』
『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』
・いつもはライダーコラボが目玉だけど、今季は夏映画が中止になり二本立て上映。
・『セイバー』 本の世界で戦う剣士たちがライダー。世界の命運を懸けた戦いを描くのは20分では無理だって。
・『ゼロワン』 TV版は自我を持つAIのロボットとの共存がテーマ。映画は死んだ恋人の脳をデータ化して保存、恋人と暮らすための世界を造ろうとする仮面ライダーエデンが描かれ、伊藤英明が演じる。
・理想の世界のために信者の決起を求めるが、最後には信者が言うことを聞かず暴走。合衆国大統領を予言したみたい。
・編集の苦労か二本とも戦闘シーンが多い。『ゼロワン』は80分ほどあったので特撮以外を増やしてもらいたかった。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『罪の声』
・題材はグリコ森永事件。過去にも高村薫『レディ・ジョーカー』、内田康夫『白鳥殺人事件』などありますが、犯人グループの脅迫電話に利用された子どもの苦しみを描くのが特色。
・内田康夫や高村薫は事件だけを書いているので、犯行後もグループから逃れられなかった本当の地獄を描いて内容を深くした部分が過去作より上。
・警察を恨むが故に子どもを巻き込む親。非難されて当然ですが、そこまで自分を見失う瞬間も含むからこそリアリティがあります。
・罪の意識に苦しみ続けた男に宇野祥平さんというイケメンでない俳優を使うからこその説得力。主演の星野源さんのファンの女性と観に行けるかと思いましたが、諸事情で叶いませんでした。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『朝が来る』
・ディスタンスでの初鑑賞。辻村深月原作なので、河瀬直美監督映画にあるボソボソした台詞回しは抑え目。
・産みの親が育てられない子どもを養子縁組する団体。養親の共働きを認めない方針は事実なのか。
・子どもを産める支援はあっても、子どもと別れた親を支援し学び直せる体制には程遠く孤立の原因になる。
・不幸な出来事よりも、それを回りになかったことにされるのは耐え難い。作品の舞台の一つが奈良県だが、世間の嫌な部分がよく描けてます。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年)
・公安刑事が主役なので、左の翼から批判記事も出た劇場版。⇒https://lite-ra.com/2018/08/post-4202.html翼までは行かずとも左肩ぐらいが立ち位置の私も警戒して見ました。
・爆破テロを事故として処理させないために毛利探偵を容疑者に仕立てた(後に釈放)公安の安室透と、普段から毛利のおっちゃんを麻酔銃で眠らせて人格乗っ取りで事件を解決しているコナンは相性が良いのでは? 当初はコナンと安室にあった対立・緊張も、事件解決のために有耶無耶になる。
・それでも公安の掌で踊らされたことに気付き、恋人を捨てて協力も…[全文を見る]

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』
・去年放送された仮面ライダージオウのスピンオフであり、龍騎16年振りの続編。
・主人公龍騎の影であるリュウガはジオウ本編で取り上げてたから今作にはなくてもよかった。むしろ凶悪犯の王蛇に合体モンスターの強化フォームが見たかった。
・鏡の世界で記憶を失っていても、龍騎本編と性格が変わってたら違和感が出る。東映特撮初のBL作品。
・優しさのあまり堂々巡りだった龍騎本編の城戸真司が秋山蓮の後押しで決着をつけたよう。死を受け止めた一歩には観る価値あり。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』
・去年放送された仮面ライダージオウのスピンオフ。全3話だが48分しかないのでハードな内容には踏み込まず。
・設定は2022年、再来年TVシリーズで続編なるか? 現実的にコミックかな。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『引っ越し大名』
・男色のもつれが原因で国替えを命じられた大名。小国に移るのでリストラが必要。その役を書庫番のオタク武士が押し付けられ演じるのはその分野の第一人者になってきた星野源。
・リストラのために自分はコレクションの書物を捨てる覚悟を見せ、家老には美術品を売却させる。独身の藩士がリストラの対象にされ『部屋住みの身では嫁などもてない』と嘆くのは気の毒。
・いつか大きな藩に移ることができたら呼び戻すと約束を交わして田畑を耕す藩士たち。大きな藩への国替えが来た日たが、農業に誇りを持ち武士に戻ることを拒否する場面は感動。星野源のファンと一緒に見ましたが、立ち回りの長さが不評で私の方が評価していました。

id:RASEN-KAIDAN
今日観た映画(DVD)に3行コメント!のことを語る

『箱入り息子の恋』
・コミュ力の低い男性と目が不自由な女性の恋愛。肩書きや収入で人を選ぶ女性の父親に『知らない人から笑われたことはあるか?』と静かに怒りながら問う星野源にはイケメンには出せない説得力がある。エッセイで書いていた毛を処理して前バリをしてのシーンがクライマックス。
・大杉漣と森山良子、それぞれ娘と息子を思う故に残酷な言葉を吐ける人間の演技力。35歳の息子を不安に思う親。私も似たような思いはさせてるんだろうが。
・バッドエンドではないけど星野源と夏帆の二人、上手くいかなくても納得して別れられそう。(『ジョゼと虎と魚たち』みたいに)