お話しするにはログインしてください。
|
Tips:“ユーザ名/話題”という形式の「話題」は、その人専用の話題となり、他の人は書き込めない。
id:saku-ra-id320
映画/三行コメントのことを語る

「イップ・マン 完結」
・イップマン海を渡るの巻~。あっちもこっちも偏見・差別・いじめで心がきゅうっとなり、うわあああ~と感じますがイップマンの静かな怒りと戦いでちょっと落ち着きました。
・ワンの家で、イップマンの言葉がビシッ!!とワンに刺さる所がとても良かったです。あと息子との最後のシーンも良かったですねぇ。
・ブルース・リーも出て見せ場があり、シリーズの中で1番エンタメ性が強かった。でもイップマンでそれが観たいかと言われると答えはノーだ。

id:poolame
映画/三行コメントのことを語る

『パブリック 図書館の奇跡』
・オフィシャルとパブリックが対立……というか、パブリックの問題だったはずのところにオフィシャルがぐいぐい首をつっこんだことで事態が悪化していくなかで、主人公がふらふらふらふらしながら暴力に対抗するアイデアにたどり着くのがおもしろかったです。
・検察の偉い人と、人気キャスターみたいな人がいちおう悪役なのだけど、「悪」というよりは、単に「人の話を聞かない人」であるところがリアルだなと思いました。
・言葉遣いの基本が「一対一」モードでできていて、会議やスピーチで場を支配するようなことに向かない人びとの闘争というか、旋回がドラマチックでおもしろかったです。
ブログに感想をしたためました。
https://poolame.hatenablog.com/entry/2020/08/11/231005

id:poolame
映画/三行コメントのことを語る

『風の谷のナウシカ』
・中学生のとき、まゆみちゃんがプールで「『風の谷のナウシカ』見た? すっごく……おもしろかった……」と指でなにか、図形のようなものを描きながら教えてくれたナウシカ。久しぶりに劇場で見たら展開が矢継ぎ早ですっごく、おもしろかったよ、まゆみちゃん。
・ペジテのやつらのこわさ、気持ち悪さがすごい。いいことしてる風の顔でテロリスト。
・姫君なのに前線に送り込まれ、巨神兵を本国にもどそうとしないクシャナの立場の微妙さにもしみじみ。

id:screwflysolver
映画/三行コメント/マルモイのことを語る

「マルモイ ことばあつめ」
・日本支配下の朝鮮で朝鮮語の辞書を作ろうとする人々の話。おそらく劇中で描かれていた出来事はだいたいフィクション? 光復節後に原稿が見つかったのは史実。
・映画としてはすごく良くできてて面白い。しかし日本育ちの日本語をしゃべる日本人としてただ「面白い」と言ってしまってよいのか考えてしまう。
・でも映画としてはすごく良くできてて、内容も普遍的で、おすすめです。

先週の金曜日に見たけど時間がかかってしまった。

id:poolame
映画/三行コメント/イップ・マン 完結のことを語る

・最後の舞台が香港じゃないということが、やっぱりどうもうまく飲み込めなかった。
・アジア映画に白人の人が出てくると、「西洋人」の記号然としていて、演出が甘くなるので映画のテンションが緩むという問題があって、韓国映画がその問題からいち早く脱却しつつある状況の中でこの『完結』を見ると、「あれっ、なんか後退してない?」という風に思えてしまってつらかった。
・テーブルが壊れるシーンが良かった。あのくらいの地震で落ちるシャンデリアはいけないと思う。
ブログには「なんかよくわからなかった」ということだけ書きました。ヒロインがアンジュルムの佐々木莉佳子さんに似ているので、ハロプロファンは機会があったら見てください。
https://poolame.hatenablog.com/entry/2020/07/15/181402

id:ken_wood
映画/三行コメント/サーホーのことを語る

@厚木kiki
・外連味が99%くらいの映画。パラシュートバッグを崖から飛び降りる前に投げる意味ないよな。つか着地後の身長57mくらいあったね。とか超偉そう、けど石田純一。とか全部許せる。
・とは言え、「俺の名前はサーホーだ」くらいでお腹いっぱいになったので、やや後半ダレてしまった。流石に豚骨ラーメン5杯はキツい。
・「友情・努力・勝利」ではなく「血統・才能・勝利」と言うネオ・ジャンプな知見が改めて強化されてしまった。

id:poolame
映画/三行コメントのことを語る

アップリンクの 60本見放題というサーヴィスで『二重生活』(ロウ・イエ)を拝見しました。
・冒頭の交通事故とはかけ離れた、幸せな夫婦の暮らしがゆら〜っとその事故にひきつけられていって、なんとかそこから逃れようとあがくのだけど、またぐ〜っとひきつけられる、その行ったり来たりがこわい。
・刑事と、探偵役となる被害者の元彼が出てくると、ほんとにほっとした。主人公たちが逃げられないところまでからまってからまっているだけに、シンプルな動機ですいすい動くふつうのおじさんたちにほっとしました。
・エンドクレジットが短い映画=おもしろい映画。おすすめです!

id:ken_wood
映画/三行コメント/復活の日のことを語る

ここぞとばかりにアマプラに追加されてたので視聴。
・中高生の頃、何度も原作読み返してたせいか、すべての固有名詞が懐かしい…。ところで金かかってるわねこの映画。
・草刈正雄がイケメン過ぎて辛い。阿部寛を同方向に5倍くらいパワーアップさせた感がある。
・ヒロインの年齢変えるのかよ、分かってねーな。あれは変わり果てた姿に最初に気づくのがおばさんだからエモいんだろが。

id:poolame
映画/三行コメント/ジョン・F・ドノヴァンの死と生のことを語る

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」、私も見ました。
・そういえば、「今夜は満月よ。きっといいことがあるわ」とお母さんが言ったらドビュッシーの『月の光』の最初の一音がした……ような気がしたのですが、あれは一体何だったのだろう。
・『ローリング・イン・ザ・ディープ』→『スタンド・バイ・ミー』→『ビタースウィート・シンフォニー』の展開に監督の肝の太さを感じました。
・お母さんは困った人だけど、お兄ちゃんは優しいし、リズだってわかってくれる。バーバラも支えてくれてた。優しくて弱いジョンがいるのは決して地獄ではなかったけど、ジョンは「無理」「僕にはできない」って思ってた。その感じと、映像や音楽のちょっとふわっとしたところが合っていて、おもしろかったです。

id:screwflysolver
映画/三行コメント/ジョン・F・ドノヴァンの死と生のことを語る

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」
・キット・ハリントン(ゲースロのジョンだよ!)めあてで初めてのグサヴィエ・ドラン。途中なんじゃこりゃ野暮ったいなというところもありましたが、概ね楽しみました。アイドルファンというごうを持つ者として見てよかったと思いました。
・そこから戻ってきた人もいると知っているから希望を抱きたい気持ちと、そのまま旅立ってしまった人もいると知っているから、希望を持つのがかえってつらい気持ちと。
・バーバラとのシーンが一番きつかったけど、バーバラすごい。つらい。

広告欄

「三行コメント」の書籍をもっと見る

id:saku-ra-id320
映画/三行コメント/ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 のことを語る

・会話劇。ミステリーなんだけどコミカルなシーンもあり、面白かった。これもし日本で作ったら三谷監督あたりが思いっきりコメディに仕立てそうなストーリー。
・帰宅してからふと考えて、あれ?あの子知っていたとしたらなんであんな芝居を?と…。最後のカットが今までと逆転の立場でピリッとしました。
・部屋の小物がステキでひとつひとつ見学したいあのセット。ってことで今年の小道具大賞ノミネート作品です。

id:screwflysolver
映画/三行コメント/ナイブズ・アウトのことを語る

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」
・お屋敷が素敵! 私のアカデミー最優秀ミステリの邸宅賞をあげます! あとジェイミー・リー・カーティスがイケきってた。
・助けるつもりで支配してしまうのは辛い。ちゃんと決断できたのはすごい。絶対巻き込んじゃうからそこはちょっと考えなしじゃないの、とは思った。でも決断できたのはすごい。そして彼女の、繰り返しはしない、という意志。
・エンドロールが短い。おすすめ!

id:zushonos
映画/三行コメント/ザ・ピーナッツバター・ファルコンのことを語る

・とてもすてきなロードムービー。湿地、川、海、動力船、帆船、線路、畑、浜辺、焚火、脱走、逃走、友情、家族、憧憬など、ぜんぶ好きなやつだ。音楽もすてきだ
・わたくしには今年2本目のJB(ジョンバーンサル)映画。たぶんフューリー以来のシャイアラブーフとの共演で、トレイラーを見た段階ではどちらかというとこれJB向けの風体ではと思ったんだが本編みるとほほうというアレでJBファンにはたまらん
・ハイクでおぼえた映画のタイトルを間違える遊びを続けているわたくし、今年の主題は飲食物で、たとえばフォードvsフェラーリ(これもJB映画です)は「ほうとうvsフエラムネ」で自己満足度が高く早くも今年ナンバーワン候補なのですが、本作はタイトルにピーナツとかバターとか入っているので困りました

id:saku-ra-id320
映画/三行コメント/ジョジョ・ラビットのことを語る

・影像が綺麗だったー。中盤の戦争シーンでは色味がおさえてあって、その中をカラフルな大将が果敢に戦っていく場面が印象に残っています。大将の人、いろいろ判っててジョジョを見守っていた気がする。とてもかっこいい生き様だった。
・靴の結び目…いろんな事を経験して徐々に強くなっていくジョジョがとにかく可愛い!お母さんも友達のヨーキーもいキャラしてる。
・最初の方で心折れそうなシーンがあったけどとても面白かったです。エンドロールの頃にはじわじわと涙が。

id:screwflysolver
映画/三行コメント/スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けのことを語る

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(2D字幕)
・やっと見たよ。今回はSWファンには評判悪いけどそうじゃない人には概ね好評と聞いたので、あと自分でもEP7のときに「SWに求めるものはないけど映画に求めるものは全部ある」って書いてたので、SWのナンバリングということは忘れて、スピンオフのひとつくらいの気持ちで見ました。そしたら楽しかったです。キスはいらなかったけど。
・おパルさんが皇弟っぽいし、おパルさんいるとこ墓所っぽいし、レイがまたナウシカっぽいし、JJの世代だと駿/ジブリはしっかり通ってるんだなあ。新登場ちびすけの声がJJだったので、まさしくFMVだと思った。
・ポーがかっこよかった。3POに泣かされた。半透明のあの人がかっこよかった。双子のツーショで胸いっぱい。バットフィーリンアバウディスを担当したあの方の登場も胸熱だった!

id:screwflysolver
映画/三行コメント/ジョジョ・ラビットのことを語る

「ジョジョ・ラビット」
・第二次大戦下のドイツ、軍国少年ジョジョのイマジナリーフレンドはアドルフ・ヒトラー。でもいろいろ「今」の映画だった。面白かった。
・衣装がかわいくて映像の色味も絵本みたいで綺麗。それが伏線になっててびびった。
・アルフィー・アレン目当てだったけど、こういうしっとりしたドラマ映画もいいですね。おすすめ!

id:screwflysolver
映画/三行コメント/アラビアのロレンス完全版のことを語る

「アラビアのロレンス 完全版」
・ちゃ~~ら~~~ちゃ~ちゃちゃちゃ~~ら~~~ら~ら~ららら~~♪ これとサウンド オブ ミュージックはロケ撮影の力を感じる。あと音楽の力も。大画面で見られてよかった。
・みんな大好きアリ首長! 私も好き! 大画面で見られてよかった! ロレンスはいつどこに生まれても周りと馴染めないタイプだよね…。アリがまぶしい…。
・こないだのモースでもそうだったけど、イギリス人()がやるビリヤードはやっぱりスヌーカーなんだな。私もやってみたいな。

id:kamo_negitoro
映画/三行コメント/マリッジ・ストーリーのことを語る

・スカーレット・ヨハンソンの出ている映画を観終われた試しが、ない。
・今回も出だしで1回、西海岸で1回立ち止まっている。もう1回見直したら、なんとかなるかしら。
・この状態でコメントしてはいけないですよね。ごめんなさい。

id:kamo_negitoro
映画/三行コメント/ニュー・シネマ・パラダイスのことを語る

・前半しか覚えていなかったよぅ
・劇場版を観たのですが、「???」と思ったところは完全版じゃないと説明がない模様(Wikipediaによると)
・出だしの受賞歴……すいません、飛ばしました。

id:poolame
映画/三行コメント/パラサイト 半地下の家族のことを語る

・これはこれで『借りぐらしのアリエッティ』。不要かつ過分な贈り物、返礼しようのない贈り物を受け取ってしまうところから始まる地獄巡り。
・坂の上と下、地上の生活と地下の生活、雨で洗い流せないどころかあらわになる汚物、隠しようのない匂いにまとわりつかれる土地、印象的な顔と顔と顔。
・見所満載な中で今すごく脳裏にこびりついているのは、「あの子はいい子だよ」というお母さんの声と実際ほんとに強烈にいい子だってことを証明するあのシーン。あのあとあの子、どうしただろう。

広告欄

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」の書籍をもっと見る