お話しするにはログインしてください。

|

Tips:「話題」が本文の内容と適切に関連していれば、広告も関連性の高いものが表示されやすい。
id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

交流心理分析かなんかの話で「あなたの異性への接し方の基本形は兄妹関係に影響されてる」と聞いたことがある。ぼくは典型的な長男で「無知な妹を守ったり、分からないことを教えてあげる」というのが、女性への接し方の基本になってる。なので、長女な人とは初めは合うんだけれど、性格的にぶつかることが多い。ぼくは長女好きなんだけど、アホアホな妹を持っているので、「苦労を理解する」よりも「苦労を解決する方法」を真剣になって考えてしまい、「あなたは全然私のことを理解していない」と振られ続けてきたのであった。完。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

ザ・ビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ』を通しで、ちゃんと聴いた。彼らの最高傑作に挙げられる作品だけど、ぼくの今ひとつ好きじゃなかった。けど、なるほどな、と思った。しかし、やっぱり、ぼくの中でのアルバム順位は『ラバーソウル』(1965年)、『アビーロード』(1969年)、『マジカル・ミステリー・ツアー』(1967年)で変わらない。異論は認める(熱心なファンはたぶんリボルバーとホワイトアルバムを挙げるだろう)。ただ『マジカル・ミステリー・ツアー』は良曲が多いので、ぼくは結構好きなアルバムです。若い頃の記憶とかに紐づいてて、色んな情景が浮かぶのだ。なんか、よく分からないけれども。

Ads by Amazon.co.jp
id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

みんなが「なんかおかしい」と思いながらやっていることを人に強いていた人が、「これはこうなんだ」と旧態依然とした習慣を頑なに変えようとしないこと。上から「こうしろ!」と言われたら、手のひらを返すように「へえへえ」と言って、恥ずかしげもなく態度を180度転換すること。ぼくはそういうのが嫌で、独立した。けど、今日も魂のこもっていない仕事をする人の仕事に泣かされた。ぼくは、もっと楽しく、人を信用して生きられる仕事と世の中をつくり出したい!

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

「あなたは、かなり激しい葛藤の人ですね」と数多くの人に言われるくらい自分で自分に呪縛をかけるような苦しい生き方をしてきた、と気づく夕方。気づいたとしても、認知や考え方、行動を変えていくのは、並大抵のことではない。でも、何となく「上手くいかない」自分の人生の謎が解けた気がする。人生は常にどんな時点からも生き直せるのだ。君島大空さんの「halo」が沁み渡る夜です。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

あ、どうでもいいんですが、ぼくは最近というか半年前くらいから嫌なことがあったら、じゅえりーさんのYoutubeをよく観ています。「夕方のぶっ込み釣りが激アツ。」とか、ぼくはとにかくこの人の動画が好きです。鯉やヒキガエルも含めて「釣ったものは食べる」という姿勢にも共感します。こんな風な笑顔で、自分も生きられる人になりたいなあと思う。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

夢のある話を書いておくと、営業さえ上手くいけば、ぼくはもう少し穏やかな人になれる。不安や怖れ、怒りとかを手放して生きれるようになりたい。上手くいったら、穏やかで、地に足のついた暮らしをしてる女性と暮らしたい。世の中にプンプン怒って、気まぐれで、夢想的な自分は治らないかもしれないけれども、宮崎駿さんみたいなお爺さんになるのが夢だ。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

夢のある話をちょっと書いておくと、営業体制が構築できたらぼくはポケットチーフを胸に刺した自分の写真をプロカメラマンさんに撮って貰うことにした。キリっとして、この人ならば、安心だよねという仕事用の写真を撮るのだ!

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

ぼくは過去より未来よりも今が好きだ。具体案・事業プラン・実際の仕事が好きだ。周りの状況がどうであれ、前を向いて、楔を撃つように、今ここを生きたい。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

色んな仕事を遍歴して、たどり着いた起業。決して楽しいばかりとは言えない毎日だけれども、ぼくは「人の心に伝わって、感動させて、社会を動かすメッセージをつくること」がしたいんだなと気づく。18歳の時から、何も変わってない。働く場所も、環境も、会社も、時代も変わったけれど、ぼくは人の心に寄り添って、沁み渡って、おおって唸るようなメッセージを色んなカタチで作ってきたし、作っていきたい人なのだ。今日もそれを頑張るのみ(←夕方に起きた人)。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

山川書店の「HISTORIST」というサイトを見てたら、あっという間に2時間くらい経っていた。ぼくは基本的な性格が「なぜなぜ君」なので、ほぼエンドレスに歴史・地理用語を辿って楽しめる派なのです。特に、趣味はないけれども、歴史・地理は立派な趣味かもしれないなあ。とにかく知ることと、知識を織り交ぜて、考察することが、楽しくてならない自分に気がつけた。
http://www.historist.jp/

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

やっぱり文章から、いきなり映像に切り換えるのは、なかなか大変。いったん字コンテに落とし込んでから、絵コンテを考えよう。久しぶりに機材を取り出してきて、撮影テストしたけれど、腕は全然落ちてなかった。一安心。なんか映画づくりのように、色々ハードだ。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

昨日、自社の経営戦略とサービス・価格、受注目標などを詳細に詰めることができたので、未着手だった会社のWebサイトの設計図を描きあげた。「自分が売れると思う(あまり好きでも得意でもない)もの」ではなく、「人から意図せず頼まれること」「無限に与えても消耗しないもの」を中心に据えた。設計図を描いてみると、ぼくは言葉や考えの人で、いかにそれを写真やデザインにするのが大事かということがよく分かった。とはいえ、言葉も考えもないところに、写真もデザインも存在しないので、商売の脚本を書きながら絵コンテを考えよう。ぼくが一番好きな仕事は絵コンテづくりなのだ。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

また尊敬する作家さんと話す機会があって、「与えると、その瞬間に人は与えられる」という深い考え方を習う。でも、これを実践するには、無償の愛を受けた経験が必要らしい。でもぼくは親から肯定された経験が少ないので相談したら、「あなたは恋人を見つけなさい」と言われて、なるほどと思った。35歳で小説家になるのに見切りをつけて、今の世界に入ってからぼくの人生はハードモードだ。自分一人でも明日生きていけるか不安に思うことが少なくない。そんな中で、人を好きになる余裕なんかあるのだろうか。でも、無償の愛を与えられる存在がいないと、たぶんぼくの人生はずっと険しいままだ。と同じところをグルグル考えてしまう。とりあえず、「ぼくだって頑張れば、ちゃんと稼げるんだ」ということを一ヶ月間集中してやってみたい。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

3回忌って、2年後のことなんですね。そうか、はてなハイク終了の時は思いっきり勉強してたなと、ちょっと悔しく思う。色んなことがまた変わっていく春。この週末は、どっちの方向へ、どんな風に進むのかを精一杯考えよう。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

5月末までの売上を計算したら、最悪の場合でもサラリーマンの時よりも収入はあることが分かって、安心した。昨日から何も手につかなかったので、こういう計算は大事だなと思った。
明日で、人生最悪な手紙が来て、一年になる。あの手紙を貰った日から「人生に起こるすべてのことは、大いなる何かに導かれてる」と覚悟した。いいこともわるいことも、自分がこの世の中で果たすべき役割への導きだと思って、頭を低くして、ひたすら進む。今日はダメだったけれど、今後の人生の方向性が見えてきた一日だった。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

昔からお菓子を焼きたがる女の子の気持ちがよく分からなくて、「クッキー焼いたんですけど」「そうなんだ。ありがとー」的な態度を取ってきたんですが、美味しいフィナンシェと出会ってから焼き菓子全般に関する理解が飛躍的に高まった気がする。焼き菓子はすごく美味しいものなのだ。というわけで、人から貰った手作りクッキーを食べてます。手作り菓子を配る女の子に悪い子はいなかったのだという激しい後悔とともに。

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

色んな試行錯誤を重ねて、四苦八苦しながら、何とか2021年末までの売上の目処がついたので、思い切って、国家試験の勉強を再開すべく通信講座に申し込んだ。もうなんで、そうやって自分を追いつめるんだろうと思わないことはないけれど、やらない後悔より、やる後悔。この試験は、自分の人生で越えなければならない山なのである。自分が生きていくのに、最も必要な職能スキルであり、資格なのだ。1ヶ月60時間勉強できるかな。とにかく生活を整えて、必死で生きるしかない。進め、オレ!

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

つくり上げた商品・サービスのβ版をリリース。大学を卒業した時から、ぼくはいつも自分のやりたいことや進むべき道を避けて、逃げ続けてきた。だから、商品・サービスをローンチする時には、不安と緊張で一杯だった。でも、もうこれしかないんだと思う。幸いなことに、将来のことを考える余裕がないくらいに忙しい。まだ今日が終わらない。力一杯進もう、動いて、何かしていたら、その間は平安があるのだ。ずっと「心の平安」を探していたんだけれども、「いまここにしか、平安はない」と何度も痛い目にあう中で、自分は気がついただろ?と思う。キープムービングで、頑張る。過去も振り返らないし、未来のことも考えない!!

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

一か月近く準備に準備を重ねて、さっき自分の人生をかけた一本のメールを書き上げて、送信した。ほどなく「待っていた!」と快諾を得た。もう身も心もクタクタで、動くことができない。ただ誰よりも強い想いを持って、願い続けていれば、きっとそれは叶うよなと感動に震えてる。やっぱり持つべきものは仲間だ。ぼくは開発した商品とサービスで、日本中の困っている人たちを助けにいきたい。また一つ、自分の人生の道が拓けた!

id:happysweet55
自分(id:happysweet55)のことを語る

タバコを巻きながら、ロンドンのクラシック放送局を聴く。ヨーロッパはまだ朝で、昼寝をしたぼくにはいい感じで、新年な感じがする。タバコが巻けたら、イラストを描きに戻ります。